特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「2018楽器フェア」今年は何か違った。
今年で3回目の出展でした。
生意気なタイトルで済みません。
これしきの出展回数で語ってはいけないのです。
何しろ楽器フェアは今年で、50回記念です。

でも、嬉しかったので是非一言・・・・・
「盛り上がりました」企画、演出が素敵でした。
ブラスバンドの演奏など、アーティストだけでない、
「楽器を愛している全ての人達の祭典」という印象がありました。

KOTORI楽器も演奏してほしい人達がいましたが、
今回、出展準備だけで手一杯で、声をかける
余裕がありませんでした。
次回は、絶対に予算を確保して来て頂きたいです。

KOTORI楽器恒例、今年の「アンケート」は
「新dim.dim.について,皆さん教えて下さい」 でした。
試奏して頂いてのご感想も沢山頂けました。
好評でした!!

ネーミングは「dim.dim.。band」ディム・ディム・バンド
に決めます。 販売場所は子ども達からは
「文房具店」とのリクエストを頂いています。
保護者の皆さんからは「学校販売」「スーパー」が
多かったですね。 
実はお客様から頂いたネーミングで、
凄く気に入ってしまったのがあります。
それでキャラクターを作ろうかしらと企んでいます。

楽器、音楽、もっと盛り上がると良いですね。

今年も全力でした。 清々しい。
ご来場下さった皆さんのおかげです。
ありがとうございます。 またお会いしましょう!!!
やっぱりアンケートしよう!
初めての出展から、ずっとしてきたアンケートですが、
今年は無しで良いんじゃないかと思っていました。
「アンケートを今年はやらない」と言ったら、ちょっと喜んだ人もいました。

でも、結局のところ私たちは全く素人で、どうやって話しかけたら良いのか
解らない人もいます。 
昨夜、「新dim.dim.」の事をお客さんたちに教えて頂きたいので、
やっぱり、アンケートを取りたいんだけど、と相談してみたら、
案外、皆に良いんじゃないかと言ってもらえました。

私を含め、作る側の人間は考え過ぎてしまっているような気がします。
皆さんも感じられたことありますよね、
別にそこまで良いものが欲しいわけでは無いとか、
このくらいの機能で充分、
この値段なら納得できるとかです。 

ここまで出来ていたら、皆さんに「こっちが良い」とか「これで充分」とか
選んで頂くのも良いのではないかと思ったのです。
パッケージのデザイン、名前、どこで販売するかも、ちゃんと耳を傾けて、
みんさんが欲しいものを作って、買いやすい場所に並べておくことが、
一番ではないでしょうか。 

新dim.dim.はそうしてみようと思います。 
皆さん、アンケートへのご協力、よろしくお願いします。


ところで、お気づきだと思うのですが、毎回、家族が対応しております。
家族は、dim.dim.には日ごろ関心を寄せていない人達ですが、
どうせやるリコーダーなら、もっと気兼ねなく練習が出来ればいいのに
というのは、一同、みんな思っています。 何しろずっと集合住宅ですから。

楽器フェアへの出展は、おかげさまで今年で3回目になりました。
自分の事は良くわかりませんが、皆、とっても成長しました。

2016楽器フェア2
詳しくは書けない内容ですが、
ブログタイトルは「開発日記」です。

私の為の備忘録でもありますが、誰かのご参考になれば
私の作るものが、例えば失敗して、多額の借金を
抱えることになっても、失敗例をご紹介できます。
一度の人生ですから、すがすがしいものです。

全力は私だけではありません。
皆さんもそうなのですから、神は平等に審判を
下されます。それは、努力に比例しません。

では、今回の展示会で目標にしていた4つ、
1.dim.dim.の紹介
2.アンケート
3.ワークショップのお知らせ
4.BtoB

4つめは量産した限り、積極的に進めていきたいところです。
ここにきて、漸く商品は私の手を離れます。
さみしい気持ちもありますが、沢山の方に使って
頂きたいと思っているなら、抱え込まずにいるべきです。

前回の展示会で「量産化」が出来たら
声をかけてほしいと、名刺を頂いていた方へ
メールでご案内しました。

初めての営業活動!

始まったばかりです。
先方企業様にご迷惑が掛かるので、
この先は今後書きませんが、
今回の展示会で、切っ掛けが無かったとしても、
諦めずに動いてみてるということです。

dim.dim.を作ってくれている人たちや、
使って良かったと言ってくれている人がいる限り、
途中で投げ出したり、誰かに文句を言っている
暇はありません。 

まずは商品を知ってもらうこと、それだけです。
当分は知ってもらう事だけに、専念してまいります。
2016楽器フェア 
この「楽器フェア」というカテゴリーですが、
前回の2014楽器フェアについては、あまり、書いていなかったですね。
展示会前もですが、展示会後も忙しかったみたいです。
今回は前回の整理も含めて、少し書いておくべきでしょう。

そして、これが選択する小間をまちがえたブースです。
2016楽器フェア1
前回と同じ広さの小間を取っていたと思い込んでいて、
一か月前に気付いてブースのデザインを変更しました。

前回の2014年は、それまで横浜でしていた展示会を、
初めて東京ビッグサイトでするというので、
会場の外でもジャズバンドの演奏があったりするという演出が
ありましたが、今回は二回目だったからかなのか、
ありませんでした。

今回はブース全体のレイアウトは 個人的には良くなったと感じました。 
販売コーナーもスッキリわかりやすくなっていましたね。 
これは販売ブースへ出展した方たちに、とてもメリットが
あったのではないでしょうか。 

参加されていた先輩各社の皆様方も、それぞれのブースで
イベントを催していて、大いにい盛り上がっていました。 
スターの来場、デモンストレーションもあり・・・・・華やかでした。
やはり、楽器は楽しい!私も満喫しました。

ところで、私も2回目の出展なので、目標をもって臨みました。

1つめは、dim.dim.の紹介
  デモンストレーション出来るエアーポンプも不調なく
  頑張ってくれました。 

2つめは、練習の音量についてのアンケートを集めること。
  150人以上の方がアンケートにご協力下さいました。
  只今集計中で、近々、ホームページで発表の予定です。

3つめは、ワークショップの開催のお知らせ。
  アンケートにご協力いただいた方には、お伝えできました。

4つめは、BtoB に繋がる糸口を見つける。
  金土日開催なので、当然お客様へのサービスがメインであり、
  BtoB について期待できるのは、初日の金曜日だけでした。
  今年はこの関係者の入場はどれくらいだったのでしょう・・・・
  恐らく少なかったのでは・・・・

たった2度目の出展ですが、何かが変わった感じがしました。
それを感じたのは私だけでは無いと思います。
読みが外れてしまい、4つめの目標はかみ合って
いない感じがしました。

来ていただいたお客様が、何かを楽しんでいただければ、
それはそれで、良いことです。 出展の意味はあります。

でも、目を背けずにじゃあ、何が新しいの?と聞かれたとき、
革新的に新しい物は、思いつきませんでした。
私の場合はただ、沢山作れるようになっただけですからね。 
他の開発が出来ているはずでした。 

次回こそは、世界初をもう一つ。
展示会のブース選び間違えました。
2016楽器フェアが、東京ビッグサイトで
11月4日から6日まで開催されます。
2年ごとのこのお祭りに、KOTORI楽器も出展いたします。

最近、こちらの準備も加わり、更に多忙です。
悪い事を考えずに、ひたすらスケジュールに
追われていているというのは、私にとって
嫌いな状況ではありません。

しかし、そうした状況の中だと、人はミスを犯しやすくなります。
・・・・・・で、やっぱり私もミスをしたわけです。

ブースの小間の選択を間違えていました。
前回より小さな、机しか無いブースを選択していたのです。

数日前、ブースのデザインを考えなければと思って、
自分のブース番号と資料を照らし合わせていて
気が付きました。 完全なうっかりミスです。

もう、あれ?!?!?!?って感じで
しばらく状態が理解できないくらい・・・・・
ショックでした。
考えていたイメージが吹き飛びました。

事実は事実ですから、手伝ってくれる家族に
状況を話し、経営者らしく、皆がそれでも
頑張ってくれるように、今回の企画を説明しました。

これは、KOTORI楽器の挑戦であり、
「一番狭くても、一番人が集まるブースにしよう!」
でした。

今回、間違えたブースの差額で、前回より
沢山の方にサンプルを配って、dim.dim.の良さを
一人でも多く、体験してもらおうというものです。

家族は「母さん、またやったよ」くらいの反応でしたが・・

実験装置も少し手直ししたりできるし、
余った予算は開発費かな。 
よし、気持を切り替えて頑張ろう!!!



全国楽器製造協会
リコーダーの業界についてしらべていたら、
更に大きなグループの存在を知りました。
想像通り、浜松の組織が一番大きいようです。

更に楽器卸売商と小売商の組合連合会が
加わった「全国楽器協会」というものがあるようです。
もしかして、営業する前に一応声をかけないと
問題があるのかもしれません。

うーん、考えすぎでしょうか?
ミニ・コンサート
銀座の山野楽器でリコーダーの展示即売会がありました。
ミニ・コンサートにも興味があったので楽しみでした。

先週は、普通に大きなホールでしたが、
今回のコンサートは40席と立ち見で一杯になる広さです。
どのリコーダーからどんな音が出てきて、どのパートを
どんな息遣いで演奏しているのか手に取るように判るもでした。

全て素人のグループによる演奏なのですが、
中には凄いスターがいたりします。
幅も奥行きもありそうな世界で、楽しみです。
帰りのエレベーターで演奏していた方たちと一緒になり、
グループ内の楽しい活動の様子、
音楽が好きな人達のコミュニケーションが垣間見れました。

役に立てたらいいな・・・・・
売り場に立ち寄って、ニーズの調査をしましたが、
木製のリコーダーしか取り扱いが無く、必要無さそうでした。
もともと、室内楽器で音は小さい楽器です。
その上、ある程度上手なら迷惑になることもなさそうです。

まあ、こんな感じでお店へもリサーチに出かけたりしています。
好きなことを仕事にするべきですね。
やっぱり、楽しいです。
勝手にやる気スイッチ入ります。

この日、銀座だったのでYAMAHAにも足を伸ばしました。
スゴーく風もあって寒い日だったのにね。
多種でディープな世界
「新宿電子楽器祭」に行ってきました。
今回はシンセサイザーだけの楽器フェアです。
様々な楽器を一堂に会した「楽器フェア」なるモノは
2年に一度しかないようです。

昨年は「ちゃんと特許が取れたら、見に行こう!」
と思って行きませんでした。
ちょっと悔やまれます。

シンセサイザーは、今のところ私の研究対象外ですが、
限られた機会かもしれないので、見に行ってきました。

楽器の展示会というか「フェア」なるものは
楽器ごとに行われるのが普通のようです。
例えば「リコーダー・フェア」のようにです。

そして恐らく、ディープな人種があつまるのです。

場所の演出もあり、面白いフェアで、満喫しました。
「西新宿芸能花伝舎」というのは元々あった小学校校舎を
そのまま利用した研修施設です。

地元の方達が屋台を出してくれて、
食事をしてから行ったのに、焼そばのソースの香りで
倒れそうでした。

モーガン・フィッシャー氏のライブを
ワン・コインで堪能して、大満足で帰宅しました。
理屈なし!音楽は楽しいです。