特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
製造業で、初めて事業計画書を書く方へ
さて、補助金、助成金のシーズンがまいりました。
決算を終えて前年度の数字が出てきたところで、
こうしたものが始まります。
そして、事業計画書無しでは書けないので、
必然的に考えるようになっています。

今回は商品ができている、最初の事業計画です。
そう、今までは雲を掴むような、商品どうしようかな?
という、試作品、商品づくり、市場調査目的の販売、
といった段階でした。

今振り返ると、当時とても悩みながら書いていましたね、
青写真は必要ではありますが、漠然的すぎる
予想の中で、とんでもないこと書かされてきていた
ことに気づきました。 でも、それが間違えていない課題
だったことが、今の段階に来て解りました。

私の場合は幸運でした。
早いタイミングで、製造業を経験された、中小企業診断士
の方と出会えていたので、良い方向に導いて頂けてました。
事業のキーマンとの出会いより、実は難しい確率だったと
思います。 おかげさまで潰されずに済みました。

ですから、まずは確認したほうが良いと思います。
中小企業診断士とはいえ、何でも知っているとは限らない
ということです。具体的に言えば、製造業の最初のところを
知っている方、新規製品の立ち上げの経験のある方に
出会うことです。

数字の積み上げ方も、市場の見極めも、まったく違います。
当然、実務についてのアドバイスの濃さもです。
そして、最初の商品の見極め段階で、新規性の判断も
適切な評価をしてもらえます。
食べ物屋さんの流行る流行らないの見極めとは、訳が違います。

「自分が出したアイデアを、少なくても一回は人に笑われる
様でなければ、独創的な発想をしているとは言えない。」
スティーブ・ジョブズの言葉です。
そこで、笑う人間をアドバイザーにしてはダメですよ。

だから、プランを笑われるなら、OK! 
でも、商品への着眼点については、相談相手の見極めを。
そして、予想のためのデータ集めが、その後の役に立ちますから、
雲を掴むような予想を、嫌がらずに頑張りましょう。

製造業を選んだら、漠然としたものから、確かな物を作って
いくというプロセスを楽しむしかありませんよね。
今回、そんな気持ちで書いています。

一年の半分(個人事業主のひとり反省会)
今日は6月30日で、1年の半分の日です。
さあ、どんな半年だったかと言うと、「量産」を達成する為に、
使った半年でした。

振り返れば、昨年はチーム作りに失敗してしまい、
足踏みをすることになりました。 ・・・・忘れていましたが 
2チーム作って、1チームの方はちゃんと動いています。
苦い記憶に、人間は支配されやすいのなのですね。

そして、行動でしか現状を切り開く事が出来ないというのが
実感で、保険をかけて2つを進めた訳ではありません。
行動って何処か思いつきで、思考は行動の妨げになり易い
のです。 考えず動く事も必要なのだと自己弁護。かな?

結果的には残ったチームがあり、今を助けてくれていると
いう現実があるだけです。 このチームで作っているのが、
スタンダード以上の品質が作れるラインです。

そして、学校用の最大限の量産ラインが、この半年で作ってきた
ものですが、この方法は起業した3年前に考えていた仕組みでした。
ただ、倉庫と発送方法については、想像以外のおまけでしたが、
ほぼイメージ通りです。 

昨年、七夕の短冊に書いた「量産化」は叶いました。

つまり、イメージが無いと作れないと言う事なのです。
事業計画と七夕の大切さを実感します。
起業前の段階で、より多くの経験者のアドバイスを聞けた事が
とても、血肉になっています。 
多くのアドバイザーに感謝を申し上げたいです。

また、これから半年、そして未来を、新たにイメージしようと
思います。 実現が可能なイメージでなければいけません。
あっ! その前に前期の交通費をまとめておいてくれと、
言われていましたっけ。

勝手に決めている中間決算もしないと!

6年後を考えてみる
昨日、ある方からアドバイスを頂きました。
「どうだろう、6年先に目標を持ってみては?」

「そして、中間の3年後までのプランを立てて、
それを、1年に、そして、明日何をするかまで
落とし込んでいくんだ。」

そうかぁ・・・・・早とちりで勘違いな事を
私は思いついているのかもしれません。
でも、明日何をしたら良いか、迷い無くみえたのです。

今の私の考え方だと、半歩先を見るのが精一杯の状況です。
抜け出すためには、別な視点が必要です。
遥か高いところに居るの先輩の一言は、非常に重みを感じました。

短期的な目標だけの私のアプローチは、「今がすべて」なのです。
「今のこれが出来なければ、明日の事を言っても
嘘でしかない。」という風に思っていました。
ですから、一年後の事を言うのも大それたことでした。

でも、何故か6年先なら思っても良いのかな?と、
その方に言われて、スッと別な思いが浮かびました。
6年後の大きな目標は、経営の舵を取るときに
迷わない判断を導いてくれるのです。

計画の手前では、見えていないことが沢山あります。
結果を得た経験のある、その道の達成者からしか見えない事が
あるのだろういうのは想像できます。
私にはまだまだ見えていない事が、沢山ありそうです。

最近の私の「今」に対する執着は、他の誰かに設定された
ミッションの遂行に全力でした。
だけど、当たりまえの事を見失っていました。
まず、キチンと顧客の希望を受け止めるという事です。
そして、経営者として考えるべき、本来の目標作りをすることです。

それは「形」だけでは達成できないし、複雑になりますが
もっと、有益で広がりがありそうです。
ちょっと待てよ?
昨日、スケジュール表に一気に付箋を貼り付けて、
全体の流れをイメージしてみました。
画で言えばデッサンでしょうか。
構図が決まらないと、絵の中心も見えてこないし、
割とバラバラな事に気づいてしまい、
もう一日微調整を加える事にしました。

この先、実際に金額を入れていくと、また悩むのかもしれません。
限りある手元の資金を、より活用できる方法があるはずです。

大胆にして細心であれ
大胆にして最新であれ

日本語は面白いですね。



アナログな手段
思ったより遅々として進まない事業計画書です。

今、打開策見つけました!

昨年の計画表とこれからの計画表(家賃以外は
ほぼ真っ白)をプリントアウトします。
付箋に計画の大元のタイトルと
作業名目を色違いで書きます。
そして、実行可能な余裕を考えながら
貼り付けて行きます。
幾らでも動かせますよ。
決まったらエクセルの方に打ち込みましょう。

昨年の計画表は参考程度にしかなりませんでした。


エクセルはとても便利なツールですよね。
過去の計画とこれからの計画を上下で整列表示して、
昨年、「お金さえあれば出来るのに・・・・」
と思っていた計画書のマイナーチェンジで
サクサク進められると思っていました。

甘くはありませんね・・・・・・。

何しろ商品の企画、試作、製造、取扱いの説明書
知財管理やPL法の保険手続。
販売に係わる、フライヤー、動画製作、
広報活動の為のホームページとか・・・・・
縦軸が多すぎます。

その上、状況の変化も良い意味でありました。
なんだかんだ言いながら、一年間種まきしましたからね。

それにしても、このアナログな方法・・・・・
私、偶に使います。
戦国武将がザックリ墨で描かれた地図上に
木の駒を並べて、動かして、戦略を練ったりする
場面がありますよね。
正にアレです。 他の国の人もするのかな?



やっと、落ち着きました。
引越案内もこれからですが、一応機能的には
今日で移動完了です。

いよいよ、明日から活動再開!

これからを考えるとき、今までどうしてきたかを考えるのは
必要です。 今まで出来なかったことの延長線上に、
どんな素晴らしい言葉や数字を並べてみても通用しません。

私は自信が持てないので、、
今までしてきたことを取合えず並べてみて、
一応これだけしてきたんだから 
この位の目標を持っても大丈夫だろうな?と
そんな風に予算を立ててみました。

欲張ると自信を失くしてしまって、自分のポテンシャルが
すべての個人事業主は、やる気が無くなってしまうのです。

確実に出来る事を、期日を決めて果たしていけば
良いのです。 無理をするつもりは無いのですが、
それでも結果としては、無理して実行することが多いです。 
世の中、上手く行かない事が多いからです。

ここ1,2年してきたことは出来るだけ、今年の予定にも
入れておこうと思います。
多分、今年はもっと上手に早く出来るようになっているので、
大切に育てて行こうと思います。

信頼されるブランド作りと
量産のステージへ移行することが、次の目標です。
金型の設計も改良し、更に機能を向上させたいですね。
そう、それと私が居なくても製造できる仕組み作り。

さあ、量産の目途が立ったら、いよいよ販路の開拓です。
どんなタイミングで、どれ位の予算が必要か・・・
今年も残り7か月を切りました。

他のブログも再開します。 ホームページも更新予定です。
また、遊びに来てください。 
起業しましょうよ!
起業はそんなに難しくはなさそうです。

起業しようと決めてから2年の間に特許を取り、
つい最近はCADとPower pointを覚え、
「出来ること」が増えました。
そうやって、少しづつ努力して形になった事は
新たな「回路」を作ることになっています。
「回路」は確実に他の仕事も早くします。
スキルは必要に迫られればどうにかなるものです。

次に良く言われる、
「人」「物」「金」「情報」は確かに大切です。
でも始めから、ピッタリの人脈を持ってい居る人はまれだし、
これだけ、「物」があふれている時代に
「生活が変わるかも!」というものなんてそう簡単に作れません。

案外「お金」はどうにかなるかもしれませんね。
「情報」これは昔とは比べものにならないくらいに
入手が簡単になりましたね。

つまり、どれも最初から必要なくて、
後付でどうにかなるものばかりです。
会社設立のハードルだって、低くなりました。

会社始めませんか?
目標を立てて、諦めないで実現できればいいのです。
よく、女性が消費者になる分野での起業を
すすめたりします。確かにそうした分野では
男の人より圧倒的に有利だと思います。

しかし、私のように男女関係ない分野でも、
実は女の人の感性は有利です。

自分が進出したいと思う分野に人とサービスがあふれていても、
諦める必要なんてありません。その沢山の会社の社長が
総て男性なら、問題無いと思いますよ。





スタートは「守」で!
また書き始めた事業計画書ですが、
私の思いだでけで書けない事が今回のテーマです。
こうした「条件付き」という内容は
勿論普通に書くより、簡単ではありません。

でも、確実に「読み手」が決まっていて、
「読み手」からのリクエストであるのですから
求められた条件に石を投げて当たれば良いわけです。

それにしても、的の数が多いし、
自分の立ち位置から凄く、離れている的です。
場合によっては、的を変更してもらえるように
交渉が必要かもしれません。

でも、全く目指していない的を狙うのは
自分にとって集中力を欠いてしまうのではないでしょうか?
ちゃんと、「自分の的」にしなければいけません。
そして、本当に目標にして努力しなければ到達できません。
 
「守破離」のまず、ここは「守」です。



書けば書くほど色々気づく「事業計画書」です。
今回はデータから組み立てていく方法で作ろうとしましたが、
上手く行きませんでした。

人それぞれなのだと思いますが、現在の私には合っていませんでした。
そう、タイミングってあると思います。
今の私とか、今の社会情勢とか限定だという意味です。
 
「分析しながら」というのは、起業してからでも良かったのだと感じました。
起業前というのは不安です。客観的なデータとか欲しくなります。
当然「思い」だけでは空回りすることが目に見えているからです。
自信が無いのは確かですが、何より失敗が怖くなってきます。
でも、木を見て森を見ずになるともっと危険ですよね。
 
ベンチャーキャピタルなんて目指していませんが、
或る程度、ワクワク度があるプランでなければ、
自分が一番やる気が無くなります。

起業を始めてみてつくづく思うのは
実現の為のパワーというのは想像以上に必要です。
そう、寄り道はしても止まらずに、兎に角走り続ける事で、
何時かたどり着けると信じるしかありません。
このブログのサブタイトル通りの状況です。


収益モデルの前に資金調達?
自主トレの為に再び始めた「事業可能性評価」取得作戦です。
正直どのコンペも私に勝算があるとは思っていません。
では、何故こんなに頑張っているかと言いますと・・・・・

一つに何時起こるかもしれないチャンスの為の練習です。

やはり専業主婦は、ビジネス用語を使う機会はありませんでした。
言葉というのはツールです。
時代と共に同じ言葉でも違う概念を含んでいたりします。
新聞や書物からは感じられない生の手触りを
思い出したかったのです。

道具を知っているだけではダメです。
使えなければ、存在に意味がありませんからね。

それに人に説明することで、自分のビジネスプランの成熟度の
チェックにもなっています。

なので私のビジネスプランに意地悪を言う方、大歓迎です。
本当のビジネスは、もっと理不尽で残酷です。
そこを生き残るためには、もっと痛い目にあっておきたいのです。
ショックを受けている暇はないので、
怯まず直ぐに立ち上がれるようにしておきたいわけですよ。

今日はお「手合わせ」といったところ、
期待していた「厳しさ」は在りませんでした。

「人・モノ・金・情報」デスカ・・・・・・
今度は大丈夫 


焦らず丁寧に
今年が起業元年になります。
特許を商品化して発売を始める予定です。
慎重に契約をしながら、一つ一つのパーツを外注して、
自社で組立て完成させます。

それをまずネット販売。次に楽器店、学校へ営業します。
まずはこの程度までを目標に動こうと思っています。

始めはコストもかかって多くの利益は望めそうにありませんが、
この製品の良さを経験してもらう機会を沢山作っていくことです。
欲張らずにしなければいけないことを
一つずつ慎重に実行していくことでしょうね。

焦らず丁寧に進めて行けば、また見えてくるものがあるはずです。
正しい判断を積み重ねていけたら良いですね。

新たな事業計画書とホームページ作りが当面の仕事になりそうです。
数をこなすという訓練
主婦なので、当然「料理」はしています。
多分、普通に早くて、丁寧で、美味しいものを
提供できていると思います。
でも、個人差のある分野の一つでもあります。

基礎から調べて勉強して、次第に手を抜くポイント
を見つけて簡素化してきて、今に至っています。
「暮らしの手帖」の中で、ホテルのシェフが作るレシピが
私の先生でした。「蓮根のはさみ揚げ」も
一度、蓮根を薄い酢水で軽く下茹でしてから使います。
現在は、この酢水にくぐらせてレンジで1分加熱します。

でも、基礎を学ぶ以前から、育った家庭環境の為に
早くから大人数の料理を作ったり、食器を洗ったり
していたので、一つ一つの作業を普通の人よりは
早くできる貯金がありました。

ところが、初めて料理をする人なら、
ジャガイモの皮を剥くところから、
すでに面倒な作業なのです。
時間は目いっぱい。

いきなり、基礎から克服する暇は無いので、
例えば、簡単に早く出来るメニューを探して作る
という方法で乗り切ります。これを増やしていって
自分の家庭の味を作って行くという方法です。
 
どちらも最終的には、手料理を家族に食べさせていると
いうことになります。

でも、想像できるように、スペシャルな物を自分で
簡単に作るスキルと、誰かが考案した簡単な作り方の
再現をするスキルとでは、多彩な「料理」という
種目をこなしていくのに、どちらが有利でしょう?

どちらともいえませんが、

美味しそうなのはどちらだと思いますか?

予定外のアクシデントに対応できるのはどちらでしょう?

事業計画書も数をこなすのも訓練ではないでしょうかね?

早く計画が立てられるようになったら、 

不足の事態が起きても、
直ぐに他の計画を立てて、回避できたり、修復できたり、
別なアプローチを準備したり出来るのです。
スピードは大切です。

主婦的で申し訳ないのですが、そんな事を思いました。


3年後
巷では冬のボーナスが支給され、
ちょっと気が大きくなる季節です。
何となく前年度から予想される額があって、
それより多いと嬉しくて、少ないとちょっとがっかり
それでも、有るだけこのご時勢、感謝しなければ・・・・・
っていうところでしょうか。

しかし、全くデータや実績も無くて、
近い未来の予想をするのは想像以上に困難です。

前職でちょっと分かっている数字でもあれば
いいのですがそれさえありません。
夢とか希望とかを書けば良いのだとしたら
計画では無くなります。

でもね、人生そんなに長くはないので、
10年あると思って良いのかも疑問です。
適当に「3年後」としてみましょうか。
「来年の今頃・・・・・・」って嘘になりそうですが、
3年ならその幅で実現可能な気がしてきました。

「3年後に年商1億円!」

「なめるなよ!甘いぞ」
「宝くじだって6億なのに、そんなもん?」
反応は様々でしょうか、大方甘いと言われそうです。

「身の丈」って何でしょう?
自分で決めてる限界なら、少ない額の方が甘えています。
私はそう考えます。
計画する深さ
事業計画書の内容量で、貸付の金額が変わるわけ
ではないと聴いたことがあります。

事業資金の調達が目的であれば、
沢山書いたからといって、良い「事業計画書」では
無いということになります。

最近思ったのは、「企画」「製造」「販売」「経営」の
どれをとってもベストを尽くすべきなのだということです。
当たり前みたいなことですが

モノを作る人間からすると、
「良いもの」作っているから黙っていても売れる
と思ってしまっている時があります。

営業の人間からすれば、
どんな商品でも「売り方」さえ良ければ
売れるものだとなります。

誰のお陰でお金が出てくると思っているんだと
と経営サイドは思っているわけです。

でも、結局全部のようです。
この小宇宙を外から観察している存在からは
そんなの「全部に決まっているだろう」となるのです。

自分の小宇宙からの脱出が、
認められ易い事業企画書を書くコツになるようです。

大抵の人は「企画星人」「販売星人」「経営星人」とかで
自分の星のルールでしか考えられないのです。
私も勿論、「○○星人」な訳です。



輸入すると言えば・・・・
海外進出において、
難易度は「輸入<輸出<現地法人設立」
一番「輸入」が簡単だとして、
次に来るのは「どの国から?」という問題です。
 
当然思いつく国は、
日本が「パンダ」を貸していただいている
あの国ということになります。

しかし、自然災害、事故、デモ、クーデター、
現実は目まぐるしく変化していて、
何時飛び込んだらいいか分からない大縄跳びな訳ですよ。

日本国内にだって問題は山積みだし、
今の対日感情は最悪ですから  
流石に急ぐわけにもいきません。

事業計画書の修正をしています。
日本の「ものづくり」2
最近のテレビ番組で、
宝飾メーカー原宿にファンシーショップを出して
売り上げを伸ばしているのを見ました。

つまり、一個何十万、何百万の商品
売っていた会社が
真逆の、一個何十円、何百円の商品
量販する会社に経営転換したのです。

この番組で中国の工場が映っていて、
仕事内容も見せてくれました。
 
今の私には「秋の遠足」「工場見学」しました。
って感じで興味津々ですよ。目が離せませんでした。

いかに効率のいい仕事をしているかとか
テーマを見つけてから製造に至るまでのスピード感とか
凄いです!
「真似」「雑」「すぐに壊れる」

でもね、安いでしょ、だから「仕方ないか・・・」って
みんな怒らないでしょ。
生活を楽しむという事の中には、
「次の新しい物を買う」っていう楽しみがあります。

余りに早く壊れるのは残念だけれど、
そう遠くない未来で、飽きた頃に壊れるのは全然OKなんですよ。


今日の夕方のニュースである政治家が、
日本は兎角良い物を作ってとかやっているけど
それじゃダメだ!

値段を抑えて、そこそこ使える良い物を沢山作らないと・・・・・
ものづくりを変えていかないと・・・・・・」

なるほどね。一理あります。

分岐点での判断
「カンブリア宮殿」で長野にある「伊那食品工業」を観ました。
「年輪経営」という小さな成長を確実に重ねて行って、
現在も「年功序列」を貫き、社員に精神的安定を与えつつ、
新しい分野へも、着々と進出している、見事な企業です。

起業しようと考え始めてから、
やはり、他の経営者の考え方がわかるような、
こうした番組をついつい観てしまいます。
 
自分とは関係ないほど、高いところにいる人達の話です。
わたしが何時も気になるのは、
絶対に避けては通れない分岐店で、どういう判断をしてきたかです。
この番組の趣旨からして、
「これを選んだから成功した」という勝者の弁だけで構成された話です。

だから、私を混乱させるのは、もしかしたら、同じ選択をしても
「これを選んだから失敗した」という人も必ず居たはずだということです。

6つの選択が総て当たってこその2億円で、
もしかしたら1つ外しても-2億になるくらい、
シビアなゲームに参加しようとしているのです。

完成しつつある事業計画書の中には
小さな地雷大きな落とし穴
美味しそうな毒林檎が沢山転がっているのです。

テーマ:起業・独立への道 - ジャンル:ビジネス

事業可能性評価2
昨日の続きを・・・・・
入り口一つでは無いと思います。

私の場合は研究開発が入り口でした。
なので、他社の研究開発もずっと追跡調査してますから、、
我社の製品はここが他社とは違う、とかの売りポイントなどは
誰よりも雄弁?に語れるのです。

ところが販路については「・・・・だろう」とか「・・・・・かな?」
のレベルなんですねぇ。

マーケット、市場、についてはネットの検索に非常にたすけられました。

問題はやっぱり数字「売り上げ予定数」であるとか
「利益計画」「経費予想額」とか・・・
毎回、ここに一番悩む訳です。
しかし、今回は書けました。

コツがあったんです。
「・・・・だろう」とか「・・・・・かな?」で良いのですよ。
多分、「な~んだ」って言われそうですけど、
この突き抜けた割り切りが大切だったんですね。

図々しいくらいの予測と決断が無ければ、私には書けなっかった。

だって、誰にも分からないじゃないですか・・・・ホントのところは・・・

選択はどの数字を切り口にするかと
この位売れるだろうという見込みとか、
押し測る視点に自信を持つという事なんですよね。

これを決めるのが経営者なのかもしれませんね。
わたしには、まだ分からないところです。
事業可能性評価
起業する時に必ず必要だと言われる「事業計画書」
最近、現実味を帯びてきて具体的に決まってきたことがあって、
急に詳しく書けるようになって、自分でも驚いています。

もし、書けない人がいらしたら、書けるようになるまで待つのもアリです。
捕らぬ狸の・・・・・・
特許の権利貸しか、製造か悩みながら
迫ってきている、起業に関する審査を受ける為の資料作り
しなければいけません。

昨日から、国内におけるリコーダーの生産数を調べています。
経済産業省の統計は勿論ですが、製造メーカーのアニュアル・レポート
などにも、「リコーダー」単体の生産数、売り上げ数、・・・・・。
ヒントは見つかりませんでした。

かの「Google」の入社試験の問題にもなったそうな・・・・
「シカゴにピアノの調律師は何人いますか?」を解く
センスが問われているわけです。

つまり、あたりをつけて論理的に展開して、概算を求めるって言うことでしょう。
別に正確さを問われている訳ではないのでしょうが、
余りにかけ離れた理論値では、
その後の話を真剣に聞いてもらえなくなりそうですよね。



少なく見積もってみます。
出生数×90%がリコーダーを学校で購入するだろう=売り上げ数・・・・かな?
そのうちの何%の人が購入してくれるかですが、
45人のクラスで一人使ってくれたとして・・・・

ここ数年の人口の増加は年間で、ほぼ105万人程度なので
94,5万人がリコーダーの購入者であると予想。
でも、これは小学校3年生になった時のソプラノリコーダーの購入者で、
中学ではアルト・リコーダーなので、倍の189万人になるわけです。

45人クラスで一人使ってくれたとします。
189万人/45ですね、すると4,2万人。
単価500円でロイヤリティ3パーセントとして
この位の人が買ってくださると、3%の特許使用料で
63万円ですね。最低でも毎年、このくらいになる計算です。

クラスで一人増える度に、63万円ずつ増える筈。

製造を私一人ですると、日産100個くらいが限界でしょう、
4,2万個を一月20日労働で消化すると、
1日350個作らなければならないので、
いきなり、雇用が発生します。

機械化して単価に反映できたら、
購入者に安く提供できるので、その方が消費者にメリットありで、
良いのかも。

やはり、意地を張らずに誰かに作ってもらって、
私が次の研究をした方が、世には歓迎されるのでしょうね。