特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
取扱説明書を作るという作業3
さあ、「取扱説明書を作るという作業3」です。 
1.では、PL法に則った、取説に書くべき内容について、そして、
  PL法に課せられた責任からも、取説が重要であるという事について。
2.では、製造費の一部である取説の内製化を試みるも、PL法だけではない
  様々な法律、規制、輸出条件が絡む上、アウトプットの方法でも
  悩ましい問題にぶつかっているという事まで。
以上が今までの経緯です。

そして、いよいよ3.では、具体的に何を優先して、自分は書いていくか
ということについてです。
私はテクニカル・ライターではありませんので、決して正解ではありませんよ。
しかし、一人で物を作っている事業をしているので、自己判断で
こうした作業をこなしていかなければいけません。  
法的にチェックしてくれる弁護士がいなくても、法律を探すことは出来るし、
こうした面倒くさいことは、やれば嫌でも勉強になります。 

備忘録として、どんなものを参考にしたかも、載せておこうと思います。 
何に気を付けなければいけないかですが・・・・・・・・・
PL法は勿論、以下の各種の国際規定、
JIS B 9700:2013 (ISO12100)
JIS Z 8051 (ISO/IEC Guide 51)
IEC82079-1
SEMI S13-0305
ISO10377
それと、各機関、省庁からのガイドラインや法令など
経産省の
「製品安全の知識」
「製品安全に関する流通事業者向けガイド」
「製品安全自主行動計画策定のためのガイドライン」
消費者庁の
「景品表示法」
「公正競争規約および同施行規則」
読んだり、解釈したりするだけで随分時間がかかりました。
私が決断する勇気を持つには、ベタにこういう方法しかありません。

消費者庁の「公正競争規約および同施行規則」は、細かく
製品によって分かれています。
私の作る製品がどれに分類されるかについては、電話で確認出来てます。
分類によっては、記載の必要が無いこともありますので、
皆さんも、先に確認しておいたほうが良いですよ。 
電気を使用するもの、家電とは大変そうです。  
家電メーカーさん、尊敬します。

一般社団法人 日本機械工業連合会が出してる
付属文書(特に取扱説明書)は、特に参考になりました。
ガイドラインが明確なのです。 例えばiso○○の基準を満たすために、
クリアしなければいけない項目は、○○であるということが具体的です。
これを自分の製品に置き換えて考えていけばいいのですから、
作成作業の洗い出しが、かなり楽になります。

そして、もう一つの問題、取扱説明書のユーザーへの提供方法です。
取扱説明書を作るという作業2でも書きましたが、
矛盾する提供方法をどう解決するかです。

「ISO/IEC Guide37:1995」では、製品の耐用年数期間中は、メーカーとして
取扱説明書を保管しておくべきだとしています。
だから、要件を簡単に満たす手段が、紙に印刷して製本されたマニュアル
にして、メーカーで持っているという方法だったのです。 
同ガイドラインでは、取扱説明書を製品の付属品として提供すべきと規定
しているので、同梱となるのでしょう。

後の2012年に発行された「ISO/IEC Guide37:2012」、「IEC82079-1」では、
一転して取扱説明書の製品添付を義務付けていません。 
それどころか、Webでの提供を積極活用すべきと明示されたのです。
もう、時代が変わったのです。 手元になくても、別に良いとお許しが出た
のです。 

つまりISOとしては無しでOKと私は判断しました。

では、PL(製造者責任)法ではどうなっているのでしょうか?
電子政府の総合窓口 製造物責任法
「取扱説明書は印刷物で同梱が望ましい」とか
具体的には書いてありませんからね・・・・・・・・困ったです。

製品安全に関する流通事業者向けガイド(平成25年7月)に
「取扱説明書は、製品に梱包されているため、消費者が購入を検討する
段階で安全性に関する情報を確認できないことがあります。 このため、
店頭に取扱説明書を準備する、・・・・・・・」となってますね。
梱包されている前提で説明されているようです。 これは同梱ね。

ジェトロ!輸出関係なら、ここに何か情報あるはずですよね。
「商品説明条例(日本語訳)」
「第 13B 条 価格に基本付属品が含まれていない場合、買い手は支払前に
通知されること 2012 年E.R.2 号 2012/08/02) 古いけど・・・・
ユーザー用の取扱説明書に付属品の内容がすべて記載されていることが
マストです。 提供方法は問われていませんね。 

よーし、勉強だ! ここに来て、最悪の決断をしまーす。
当初、紙とWEBの両方は嫌だと言っていましたが、輸出を予定しているタイプは
両方作ります。 illustratorで作ってPDFでアップロード。 
量産タイプは国内だけの販売予定なので、パッケージには最低限を表示する
ということにしましょう。 詳細な取扱説明は、WEB上へのQRコードを
パッケージの見えるところに入れておこうと思います。

方向性見えました。
まず、ダミーのパッケージや取説を作って、相談に回ってみようと思います。
ここまで来たら、行動あるのみ!

取扱説明書、舐めていました。
とにかく書いて、後で修正すれば良いやという、何時もの方法では解決できない
お題でした。 完ぺきではありませんが、このくらいインプットしてれば
書き始められそうです。 

「マニュアルのプロですから・・・・」あの会社の動画をご覧になりましたか?
弊社の製品はそんなに立派な技術では無いので、あそこまでは不要です。
そして、沢山ではなく、4つの製品についてだけすれば良いので、
何とかなるはずです。

取扱説明書の分かり易さは、予算に比例していると言われています。
だからと言って、弊社に求めないで欲しいとか言えません。
製品の一部なのですから、私に出来る全力であたるというだけです。 

取扱説明書を作るという作業2
さて、「取扱説明書を作るという作業」の続きです。
前回、取扱説明書とは何なんだということで、
全体の構成と、製造物責任(PL)法の法的責任を意識した
内容で作りましょうという事でした。
今回は更に、作りっぱなしでは済まないので、変化への対応と、
提供方法や保管期間についてです。

前回、書く順番や内容は解ったとして、
変化する「今」に対応している必要があります。
 
例えばですが、私の作っているdim.dim.も、リコーダーが変われば
変わらなくていけません。 だから、毎年各社メーカーの新製品を
チェックするのは当然といえます。 
こうした変化も、盛り込まれることが取扱説明書には必要だとも
言われています。 書き換え易くしておく必要がありますね。

更に、変化は製品だけではありません。 
知財でもそうでしたが、法改正によって変わる事があるので
常にそちらへのアンテナも、高く持っておくことも忘れてはいけません。

今年、一部改正があって消費者庁から逐条解説出ています。
何時もながら小難しい文章ですが、変わったのは
損害、賠償義務を知った時から3年が、人身に関わるものは
5年になった(正確には2020年4月1日から)という事です。 
消費者庁 製造物(PL)法逐条解説
製造技術も上がって来でますから、厳しくなることはあっても
今後甘くなることはないでしょう。 全く関係なさそうですが、
取扱説明書の提供期間については一般的に製品の耐用年数だと
言いますが、例え消耗品の取扱説明書でも、社内に5年以上は
絶対に保管しておくべきだという事です。

「不法行為があってから10年」とするなら、更に長期保管が必要です。
(これだって変わるかもしれませんが、今のところこの理解)
製造物責任法に於いて不法行為は欠陥品の製造があたります。
前回も説明した「無過失責任」で、過失=欠陥なのです。
「間違えちゃった、ごめんなさい。」では済みません。
逆の立場、消費者になれば当然なんですが、なかなか大変です。
製品の欠陥は、企画、設計、製造、使用説明(取扱説明書)、
使用後の処分にまで、関わります。 

dim.dim.はスポンジの交換で、長期間使用できます。
もう、私は取扱説明書は、棺桶にまで持って行き、
何なら、遺書に書いてクラウド上に残すと決めました。

では、次に提供方法です。

昨今は国際規格 IEC82079-1にのっとったマニュアル作りが
求められています。 
これによって大きく変わりそうな点としては、WEB化したマニュアルが
求められるという事で、今までの商品との同梱がマストでは無くなると
いう事なのです。 更に混乱しますね。
今まではWTO加盟国が業界標準、国際標準で、
ISO/IEC Gyude37:1995では紙で提供するべきだとされていたのですから。

輸出もしようと考えている商品なら、最初からWEBでも作っておかないと
いけないかもしれません。 紙とWEBの内容は同じ方が良いのかな?
変化に対する更新も求められているし、WEB上の訂正タイミングと
箇所を明らかにする必要もあるのかしら。

まず、本当に同梱しなくても良いのかの確認からです。
同梱しないでWEBだけの提供なら、価格を抑える事ができます。
両方作れば良いなんて言わないで下さいね。
これ、予算の少ない個人の製造業では命取りになる判断です。
何もしない方がましです。

WEBは私の手間だけなので、こちらは進めても大丈夫かもしれません。
提供方法のルールはどうなんでしょう・・・html?やっぱりPDFか・・・
なら、印刷物作る前提でイラストレーターで作り始めるか・・・・
もう、この点だけでカオスです。

法規制から押さえて、景品表示法、家庭品品質表示法、公正競争規約
もう一回、目を通しておきましょうか。 ECマーキングの知識もかな?

こんなに一生懸命作って、売れなかったらどうしよう・・・・
これについても考えるのは止めましょう・・・・・・
何も手につかなくなってしましますから。 

Q:何故、外注せずに、法律まで絡んだ厄介な取扱説明書を自分で
作らなければならないのでしょうか。

A:はい、それは「製造費」の内訳の一つだからです。
小さな個人の製造ですから、身銭を切ってまで販売は出来ません。
製造費は、必ず商品の価格に反映しなければいけませんから、
誰かに頼めば費用が発生します。 
取説作っている自分の報酬・・・・それは、考えてはいけません。
笑顔と一緒、プライスレス! 印刷代だけは負担しましょう。
コピーするより安価です。

次回は、腹を据えて取扱説明書を「作る」についてです。

以下は資金に余裕があって外注出来たら、どんなだろうという
夢のような取扱説明書製作のシュミレーションです。

ちなみに、テレビで宣伝している「マニュアルのプロ」に任せれば
1ヶ月から1.5ケ月程度で出来るそうです。
製造業トラブルやに強い弁護士や、
テクニカルライター、テクニカルデザイナー、
そして、印刷会社が一丸となって製作してもらえるようです。

頼めば作業が無いかと言えば、そうもいきませんから、
提案もしてもらえるかもしれませんが、使用方法や
原材料など、こちらからの資料も必要になってはくるでしょうけど、
それを渡すだけでも、自分としては仕事した感じになるんでしょうが、
そこから先の、法的にチェックしたり、伝わり易い言い回しやイラスト、
美しいレイアウト、落丁の無い、完璧なのが上がって来そうです。

その打ち合わせでの内容は、
私が一人では思いつかないような提案を
頂けて、見落としていた法的な知識や、分かり易さを追求した
イラストや写真の数々・・・・・・・・・・夢は夢として、

一体幾らかかるんでしょうか? 調べてみました。
取り扱い説明書(マニュアル)の制作を任せるならどこ?【66社料金表まとめ】
製造業に強いという法人の方向け顧問弁護士サービスの料金表です。

なるほど・・・・・・何時かはお世話になりたいですね。
それは今ではなさそうです。

取扱説明書を作るという作業
取扱説明書、皆さんは隅から隅までしっかりご覧になりますか?
新製品のための取扱説明書を作っているのですが、
想像以上に苦戦しています。

「取扱説明書」については、自分のモノづくりのワークショップでも
その書き方については、説明したりしていました。
そうなんですよ。 解ったつもりでいました。
コレ、調べるとかなり奥くて きりがなくなってきました。

仕事内容で言うと、この基準を熟知して作れるようになったら
それだけで、会社作れるレベルです。 本当ならお金を出して、
専門家のチェックを受ける、もしくは会社が大きければ
社内に専用スタッフを置くくらいの仕事だということです。

そもそも取扱説明書とは何か・・・・・・
正しい使い方を分かり易く伝えるだけで良いのかと言うと
そうもいきません。 使用者の誤使用を防止して、
見落とされがちな製品の隠れた排除できないリスクを伝え、
事故を予防するものであるべきです。
そして、使用者と事業者の約束事を伝えるという、契約書的な
側面も持っている代物です。

では、取扱説明書がどんな内容で組み立てられているのでしょう。
「特定非営利活動法人 日本テクニカルデザイナーズ協会」
出しているガイドラインを参考にしてみましょう。

具体的にどんなことを書けば良いかというと
【取扱説明書に求められる必要項目の記載順序】
1. 表紙
2. 重要事項説明
3. 製品(商品)説明
4. リスクの洗い出しによる禁止行為の表記
5. 使用方法
6. お手入れ(定期点検などがある場合はそのことも記載)・保管方法 7. トラブルシューティング
8. 製品寿命
9. 保証規定
10. 仕様(試験方法・条件など)
11. 責任主体など
見れば、「そうそう、こんなの書いてあったわ」と思われたことでしょう。

次に、上記で最も重要なのはという」と、
4、の「危険の洗い出しによる、禁止行為」の表記です。
5、の「使用方法」じゃないのかと思われる方も多いと思いますが、
「電子レンジに、猫を入れてはいけません」以来、
こうした危険表示は保障問題に絡み、
誰がそんな使い方するのかと笑ってしまうものまで、書いておいた方が
良いことになっている現状があります。 

リスクアセスメントって言われているものですが、
危険を洗い出し、注意書きでの留意点をどうするか考えて
危険度を発生の頻度から分類して、分かり易く記号付きで書くって事です。 

以上が「特定非営利活動法人 日本テクニカルデザイナーズ協会」で、
ここでは更に、取扱説明書の検証すべき点や方法もまとめてありますので、
詳しく知りたい方は、そちらでご確認ください。

じゃあ何故こんなに取扱説明書に形式があって、専門的に作ることに
特化した会社や組織が存在するのかという事です。
皆さん、「製造物責任(PL)法」って聞いたことはありませんか。
ざっくり申し上げると製造物から消費者を守る法律があるんです。

民法709条【不法行為による損害賠償】故意又は過失によって
他人の権利または法律上保護される権利を侵害したものは、
これによって生じた損害を賠償する責任を負う。
という民法があります。
PL法というのは、この条文の中での「過失」が、「欠陥」であるという
「無過失責任」になるというものです。

製造物責任(PL)法は、その適用範囲を「製造物」の
欠陥に起因する損害に限定しており(法3条)、
さらに「製造物」とは「製造又は加工された動産」(法2条1項)をいうもの
と定義しています。 ・・・・・・・・しかしです。 限定していると言いながら
結局は不動産以外全部じゃないかとなってくるのです。
 
つまり、物を作って何かあったら賠償責任があるよという事なのです。

私だって、「安全」については気を付けて作ってはいるんですよ。
当たり前じゃありませんか。 でも、意図しない事が起きてしまう総てを
補償出来るかと言われたら・・・・・
ですから、「取扱説明書」には、こんな風に使って下さいね。 
というところまで丁寧に、心を込めて書く必要があるんです。

仏作って魂入れず、じゃあ製品では無いんです。

ワークショップでは自分の作った製品と類したものの取扱説明書、
出来れば、大手のメーカーが作っているものを参考になさって下さいと
していました。  限られた時間内では、学ぶより真似た方が
良いと判断した内容です。

やはり、大手はここにも資本をかけられるので、
リスクについて法的に対応できるものを作っています。 

長くなりましたが、まとめると
物をつくったら、今回ご説明した製造物責任(PL)法からは逃げられない
ということです。 そして、取扱説明書で、安全に効果的に使ってもらえる
ように、製品同様にきちんと作る。 という事です。

接着剤の成分、大丈夫かな?
使用中の接着剤を変更する必要があって、
ウチの接着剤の成分、大丈夫かな? と、調べてみたら・・・・・・

今年2019年7月から、RoHSが4種類から10種類に増えていいました。 
焦って、スポンジ早く作っていなくて良かった・・・・

メーカーに問い合わせて、データシートを送って頂いて、
一昨日、じっくり確認しました。 
はい、dim.dim.のスポンジの接着剤は、RoHSの基準を
満たすものでした!  大丈夫だとは思っていたんですよ。
でも、実際のデータを確認もせずに安全宣言できません。
まずは、ひと安心です。 

現在使用中のスポンジについて、
お客様に、知っておいて頂きたい点がいくつかあります。
なぜ、このスポンジを選んでいるかです。
理由は3つ、「楽器に優しい」こと、「音」と「安全性」です。

まず、「楽器に優しい」という点についてはもう、説明は不要ですね。
見て触って頂いた通りです。

「音」についてですが、他の丈夫なスポンジも沢山ありますが、
小さく音を絞った際の限界時の音は、このスポンジより
良いなと思った物に、私は出会っていません。

そして、「安全性」です。 
演奏時は付けたまま、息も吸い込まれますよね。
使用者には、お子さまも含まれます。 
接着剤、スポンジ、丈夫で強力に接着できていれば、良いからと
健康を無視したものを、メーカーとしては提供は致しかねるのです。

ご理解いただいて、優しく扱って下されば、幸いです。

常に、安全に機能を果たし、使いやすい道具というのを
より丁寧に確実に、長く提供が続けられるように努力するというのが、
大切ではないかと考えています。

小心者なので、変なものを売る勇気が無いんです。 それかな?
Amazonストアのページについて
さて、前回、「6年後のKOTORI楽器、物を作っていないかもしれない。」で、
実は「え、製造止めるんですか?」という、取引先からの反応に、
まずは、言い訳を・・・・・・
「今すぐとは言ってはおりません、いずれ・・・という事です。」
まだ、dim.dim.作りますよ、大丈夫(笑)

そこで、ネット販売で、Amazonさんにある「Amazonストア」を
作ろうと思います。
私の結論、物を売るならAmazon検索に強くなろうです。

物を買うときに、Amazonをまず検索するとします。
既に、「買い物をする」「お金を使う」、スイッチが入っている訳です。
目的のものを探しているうちに、もっとお得な商品や
更に、良い商品を見つけてしまい、そちらを購入なさったケース、
ご自分でもありませんか。
商品を探す人の検索テクも、Amazon様の勧め上手も
腕が上がっています。

そうなんです。 「世の中にこんなものもあったんだ・・・・・
知らなかった」・・・・・と見つけただけで、お得な気分になりますよね。
お店をのぞいて、あれこれ見て、「こんな物あったんだ」となる。
ECサイトもそういう場所として定着してきました。

そこでです。
SEO対策して自分のページを検索上位にあげる努力も必要ですが、
手っ取り早く、集客力のあるAmazonで、検索した人が見つけやすく、
選びやすくするのって、実はSEO検索上げるげるより簡単で
ダイレクトに欲しい人に届ける方法です。

特に、ニッチなうちの商品には、ある程ですが
おかげ様で上位取れているので、有利かもしれない・・・・

何故、出店していながら、追加の料金無しで利用できることを
まだ、していなかったのかな・・・・・・
それも、結構前から提供されていたサービスです。
反省している場合ではありませんよ、すぐにやろう!

KOTORI楽器が展示会で言われる最も多い言葉は
「え、こんなものが世の中にあったんですか?」(あるんです)
「知らなかった」(そうですよね、だと思います)
「宣伝してますか?」(そこまで手が回っていませんで・・・。)
(括弧)は私の気持ちですが、小さな製造業の皆さんにも、
あるあるだと思います。

何とか見つけてもらえる良い方法はないかな・・・・
押し売りするつもりは無いですよ、 
選択肢の一つにしてもらいたいだけなんです。

「商品、機能を、知ってもらおう!」
初心に帰って、ますはここからです。

新製品を作ってからにしようかなとも思ったのですが、
私の気持ちがノッているのがこっちなので・・・・
これからやります。