特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
使えてないという方へのアナウンス
皆さんから頂いたダメ出しに答えたいと思います。
先ずは、振り返るとdim.dim.は幸運な船出をしてしまっていました。
テストして頂いた方が、使えてしまってたのです。
ピッチが下がるのが、どうも気持ち悪いという方が多く、
dim.dim.の最大の問題は空気の流速が遅くなるという点でした。

それでも「毎日使ってますよ」という方がいらっしゃる訳ですが、
そうした一方で、使えてない方もいらっしゃるというのも事実なのです。

昔、リコーダーメーカーの方とdim.dim.のテストして頂いた先生について
お話をしたことがあります。 
その時、「あの先生だったら、どんなものでも使いこなせるでしょうね」と
言われたのが気になっていました。  
もしかして、リコーダーの上手い人じゃないと使えない?
という疑いですが、これについては、その後、
多くの子供たちに使ってもらって、初心者=子供でも使える事は、
テスト済みと言って良いと思います。
だから、レベルには関係無いはずなんですが・・・・・・・

リコーダーの個体差によって、多少使用感に違いはありますが、
dim.dim.が使えないものは見つかっていません。

楽器も含めて大きな意味で「道具」です。
dim.dim.も便利グッズでは無くて、単に「道具」なのです。
良い包丁を持っていれば全ての人が
プロの料理人になれる訳ではないように、ただ音を小さくする道具。
何か誤解させるような記述してないかな・・・・・・・

「スポンジ無くても使えます」の方は明らかに使い方間違っていますね。
でも、あれを読むと、絶対に使い方がまだ分からない人が
いらっしゃるんだろうなと反省します。

動画作らないとダメかな・・・・・・動画も一方通行だけど、
百聞は一見、理解度を上げるのに役立つでしょう。
何か、私にまだ見落としているところが、きっとあるのです。

兎に角、できることからやってみましょう。
もしかしたら、動画を見れない方もいらっしゃるかもしれません。
dim.dim.のパッケージに追加のお知らせを入れようと思います。 
それは、dim.dim.の仕組みについてです。 

スポンジには元から空気が存在しているので、その空気を
押し出すことが、リコーダーを発音させることなのだという事です。
だからと言って、わざわざ強くて早い息を送ると当然ながら
空気は反発して動かないので、普通に吹けば良いだけなのですが、
かえって、こんな事を書くと余計にスポンジ気になって
吹けなくなるんでしょうか・・・・

「スポンジ無くても使える」の方と同様に、単に取付のミスと、
吹く強さのコントロールが不得意な方と、どちらが多いのかは
分からないのですが、取付については沢山写真も
出してているので、もう、いくら頑張っても無理かもしれません。
仕組みを知ることで、使えていない方のヒントになるかもしれないので、
試してみようと思います。
両方についてアナウンスしてしまうと、どっちが多いのか
分からなくなりますから、まずはこちらから試してみましょう。
こんな風に手ごたえ見ながらやっていこうと思います。
JANコードの更新手続き最短コースの解明 3
昨日の量産化作業で親指の爪に負担がかかり、
水に手を入れても痛い状態です。
こんな仕事を他の人には頼めませんから、何か作業の負担を
軽減できるような、道具とかシステムを考える必要が出てきました。
取り敢えずお、痛みが治まるまでは作業は中断します。

そこで、簡単な事務作業をと思って放っていたJANコード製作の
入力をすることにしました。
一般財団法人 流通システム開発センター、「GS1ジャパン」の方から
過去のデータは無くなっているので、全て入力し直して下さいと
言われていた、あの宿題です。

前回の入力データをプリントアウトしていたのを手元に置き、
エクセルで作っていた過去データも見つけて準備万端、コピペで
済む作業だとばかり思っていました。

ところがです。
銀行みたいにログイン画面へダイレクトに行けるルート作って
ほしいですね。 説明が多すぎて目的にたどり着きにくいです。
初心者に優しくが、分かりにくくしています。
やっと入力画面に到着、しかし、ここに絶望が待っていました。

前回はこの入力画面、文字数が少なく制限だらけで、
いかに文字数を減らして製品の仕様が伝わるようにするか、
私なりに苦心して作ったのですが、今回は100文字とか
400文字とか・・・・・・ 前回のノウハウが否定された感じです。

その上、「取扱品目コード」とか「JISFSコード」とか独自の分類?
していることはAmazonの商品登録と商品の写真登録を含めて
非常に酷似しているのに、別システム。
いっそ、Amazonの登録と紐づけしてくれれば良いのにと
思ったのは、私だけでは無いと思います。

落ち着きましょう。
この作業に意味はあるはずなのです。
私はこのシステムを継続してつか使うことに同意して、
既に支払い済みです。  どんなにイライラしても
私がこの画面の項目を埋めなければ、他の誰かに
代わってもらえる作業で無い事は分かっています。 
よって、やるしかない

作業を完結しないと販売に支障をきたします。
出来るだけ、平らな気持ちで埋めていくしかありません。
こうしたお金の発生しない作業ばかり・・・・・・
製造業の効率の悪さ、解決したいな。
機能と性能
悩む質問を頂いたのでご紹介します。 
弊社の製品の比較についてでした。 
現在ネットで弊社で直売しているのはdim.dim.のスクールとスタンダードの
2種のみです。 dim.dim.premiumは直販では無いので、前記の
2種についての比較になります。

「機能に違いがあるんでしょうか?」
「それは無いです。」 性能を聞かれた訳ではありませんからね。
「リコーダーの音を段階的に小さくするという機能に違いはありません。」
「機能は同じということですか?」
「恐れ入りますが、性能ではなくて、機能ですよね。
デザインを機能と考えれば、デザインの違いですかね。」
「機能に違いは無いということですか」
「どちらもプラスチック用ですが、もしかして、
木製用をお探しでしょうか、でしたら・・・・・・」
機能の違いに終始しました。

性能には違いはありますよ・・・・・・・・とこちらからは言えませんでした。
使用しているベルト地も、非常に音に重要な役割を果たしています。
空気の動きをコントロールする点では関係あるんです。
厚み、材質、空気の通り具合・・・・・・サンプルを頂いたのに
ボツになった材料、申し訳ないくらいあります。
ご協力いただいたメーカーさん、ありがとうございます。
本当に珍しいものまで、いろいろ試させていただけました。

でも、話していてなんかおかしい。 「他に機能は無いんですか?」
何か特殊機能を求めていらっしゃったように感じました。 
楽器はそんなに簡単ではありませんよ。 だから、出来たときに嬉しい。 
dim.dim.はあくまで練習をサポートする道具です。
付けたら、すぐに上手になるものでは無いんですが、
楽器にうるさい方なら、音色とか気にならないのですか?
もしかして、私が開発してきたことって・・・・と悩みました。
新モデルの量産テスト開始いたします。
緊急事態宣言からの解除後、どんなふうに経営していくか
経営者のみなさん、策を練られていた事でしょう。

今、私も分岐点に居ます。
仕入れ先の廃業、本当に痛いです。

製造業の実状として、消費税分より少ない利益で頑張っているところ
多いと思います。 他国との競争もあって、ぎりぎりで作っています。
ですから、今回の新型ウィルスの前から、
日本の製造業は既に弱っていました。

消費税だけで薄利の製造業にはキツイのに、更に追い打ちされた感じです。
消費税をきっかけに、実は材料、工賃、値上がりしました。
そこに踏み切れず、自主廃業されたメーカーもありました。
販売手数料、そして運送費なんかも総て各社上げてきましたね。
私のような個人メーカーに交渉の余地はありません。
基本的に支払いは末締めの翌月払いですし、
ともすると、前金払いでないと材料を調達できないものがあります。
私が製造業をおすすめしないのは、そうした初期投資に
踏み切れる人は多くないと思っているからです。
技術は生かされるとして、材料への投資は勇気が要ります。

私も100均には行きますから、今のモデルを500円で作れると思って
始めました。
ですから、皆さんの考えていらっしゃる事はよーくわかります。
通常の感覚なら、楽器本体より高いといったご指摘、ごもっとも、
それでも、必要な方が居ればと思って、材料費の積算と
販売者の方の手数料を載せた価格で販売をしています。
NPOでも無理でしょうね。(笑) だから、個人のまま。
今の製品価格を下げるのは無理なんですねぇ。

dim.dim.を構成しているホルダー、ベルト、マジックテープ、スポンジ、
接着剤、織ネーム、説明書の印刷代、そして、もっとも高い金型代です。 
これらの材料と、縫製の工賃、そして取り寄せに掛かる運賃。

さて、ではリコーダー本体を構成する材料はいくつありますか?
ほぼ、プラスチック。 金型の初期費用は私よりかかっているでしょうけどね。

そして、開発費です。
リコーダーにはもともと古くから設計やモデルがありますが、
ウチの製品は全くの世の中に無かったところからのスタートで、
リコーダー本体がどんな風に音を出すのかという、
当時の研究論文を探して読むことからでした。
そうした開発費を製造費には入れていないんですよ。
それでも、その価格です。

中国での試作にも挑戦しましたが、がっかりする為の行為でした。
それっぽい形は作れるわけですが、似て非なる物で、
音が全く良くなかったのと、製造環境についての疑問が
私としては払しょくされず、断念しました。

自分の子供に安心して渡せるものでなければ、
それこそ絶対に作ってはいけないと思っています。
だから高いと言われても、現状これより他に手段はありませんから、
非難を承知で、価格を変えずに販売を継続することを決心しています。

それでも、あれば練習できる人がいて、「毎日使っています」と
おっしゃって頂ける方がいるので、そこを信じて作ります。

後は、正しい使用方法で使って頂きたいですね。 
私の反省として使用方法の説明が足りていません。
強く息を吹き込むほど、空気を遮断しますから、
低いドを吹く時の息で使用していただけると、機能を発揮します。

利益がマイナスだと、製造を継続することはできませんし、
Amazonさんの利益にしかならなくても、仕方ありません。
皆さんが製品の存在を知り、ネットで決済し、配送までが
約束されている、非常に便利なシステムですから、
Amazonさんに手数料をお願いいたします。 
現在の材料がある間は販売いたします。

新製品、いよいよ量産のテスト開始します。
価格優先で設計しましたからね、どうぞご期待下さい。
展示会では好評だったんですよ。
子供たちだけが買えるルートでの販売になると思います。

しかしですねぇ、567対応で、
学校では楽器演奏減らす傾向だそうです。
ほんと、毎回博打になるな、私の事業。
他にやりたいものもあるんだけど、今のこれって
お金にならないから、他の人もやりたくないだろうなと思うと
放っておけなくて。 
まあ、ここまで来たら作りますか・・・・
困っている人に行渡ったら、辞めればいいんですよね。
まずは、近所の学校に無料で配りましょうか。
「お家で練習できない子、手を挙げて」くらいでね、そうしよっと。
SNSを活用しないといけないのか?
SNS、私は活用していませんでした。
まともに続いているのは、この「日記」くらいです。 
この日記のお蔭で、販路も開けましたから、
SNSに意味が無いなんて思ってはいないんですよ。
販売のお話を頂いたときは、驚きと共に読んでくれた人居るんだ、
恥ずかしいな、どうしようと・・・・・そんな感じでした。

あ、ツイッターは新製品とか、展示会とか連絡事項が発生した時
そんな時は、ささっと打てるので使っています。
ちゃんと活用している人に「カード」使ってないんだね、とアルファベットの
頭文字の専門用語を言われて、ネットで検索しました。
なるほど、使ってはいますが、「活用」とは言わない・・・・・・
そこは理解しました。

気付いてから3年~4年、また設定すべきだというお題が、
今回のホームページ制作工程で出てきました。
WordPressのテンプレートに組み込まれていました。
もう、逃げるのは無理そうです。

自分で、プログラム打って作っているホームページなら
避けてというか、入れなければ良いだけだったんです。
テンプレート使うとそうはいかないんですね。

テンプレート、勉強になります。 いかに自分で作っている
ホームページが宣伝向けでなかったかです。
発信の仕掛けが、ふんだんにちりばめられたテンプレート。
こうしたものを他の多くの人が実際に使っているんですよね。
真実でなくても広めてしまえる怖さも感じますlが、
知ってほしい情報の発信から逃げるのも、
私の思うメーカーの姿勢ではありません。

このブログでも、通知の設定を忘れずチェックを外している
私でしたが、色々発信して行こうと思います。
今日明日、この設定を集中的にやっていきます。