特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
只今、強制的に夏季休暇頂いてます。
生きていれば色々ある。 ずっと幸せなんて無い。
多少のピンチであっても、自分が動ければ、どうにかなると
思っていました。

ここに来て、つまらない事で躓いいてしまいた。
本当に躓いて左手首を骨折しました。
左で良かったと、痛みの中で思いました。
子どもの頃、右手首を骨折たことがあったので、
利き手がわの場合、ストレスがかなり大きかった記憶が
未だにあります。

怪我したのは日曜日、休日当番医が胃腸科であった為に
捻挫の診断で、「折れていない」と言われて喜んでいました。
自分に都合の良い話は、大歓迎です。
そうか、私の早とちり、折れいないなんて、私って意外と丈夫なんだわ
と喜んでいました。、

ところが、処置室で湿布を貼ってもらっていたら、
「ごめんなさい、他の先生に写真見てもらったら折れていました。」
知り合いの整形外科の先生に、確認して下さったそうです。
「一応固定しますが、明日必ず受診して下さい」、良い先生でした。 
やっぱり折れていたか・・・・・と、仕事のスケジュールが浮かび
絶望感と後悔で落ち込みました。

そして、翌日月曜、正確な折れています宣告を受け、
手術による早期の社会復帰を選んだ訳です。
あまり位置がズレてはいないので、ギブスだけで治せる可能性も
ありました。 手術のリスクもありますが、、
展示会や、ワークショップ、新製品の製造をしなければいけない
このタイミングなのに、動けないのは、本当に困ります。

重たいものは持てませんが、ご飯茶碗が持てるだけでも幸せです。
パソコンも打てるそうです。 骨も綺麗に繋がるので後遺症リスクも
減らせるし、ギブスで治すのはやったことがあるので、
新しい方法を試してみようではありませんか。

この台風にこっそりつぶやき、お盆中に手術予定です。
関係者の皆様には、既に大変ご迷惑とご心配をかけて
おりまして・・・・誠に申し訳ございません。
こういう事、ホームページに書くべきなのかな?
書かなくても済むようにするための、手術ではないのかな?

これが会社組織なら、代役立てたり出来るのでしょうが、
そうは行かないので、すみません。
ご理解のほど、よろしくお願い致します。

同じ手術をされる方には、体験報告致しますので、
どうぞ、ご参考に!
関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。