特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さな会社が作ると値段が高い理由
100円で大抵の物が買える世の中になって久しいですね。

昔から、こうした販売が無かった訳ではありませんが、
スーパーなどで、一時的な催しものとしてでした。
それがいつの間にか常設の店舗となっていったのは、
バブルの崩壊後だったと思います。

少子化への懸念はそれほどなく、子育て世代に
あまり優しい時代では無かったので、日用品を節約できて
とてもありがたいものでした。

100円均一のビジネス・モデルの凄さは、販売と製造の
両方であるという事ですよね。
あの販路があるから、あれだけの製造が出来るのです。

私も自分でものを作る側に立ってみて、本当にその凄さには
敬服するしかありません。 

で、小さな会社が作ると値段が高い理由
具体的な数字で見てみましょう。 

例えばです。 
プラスチックでできた5cm×7cm程度のグッズが
説明書を兼ねた厚紙の台紙にくっついていて、
ちょっと目を引くシールが1個貼ってある商品があったとします。
良く見かける感じでしょ。

それを、100万円の金型で1000個の物を作ったとします。
1,000,000÷1,000=1,0001個1000円です。

金型は型でしかないので、一個ずつこの型で取って
出たきたでプラスチック1個の部品の値段は別ですから、
1000個で50円のものだと仮定します。 
1,000+50=1,050 でこれだけで1個1,050円です。

これに台紙とかシールとかの印刷代が必要ですね。
型代もかかりますからね。 100円でしょうね。
厚紙でダイカットの印刷って、意外と高いんですよ、
1000枚の印刷だともっと高いかもしれませんが、このくらいで押さえたとして
1,000+100=1,150 でこれだけで1個1150円です。

そして、パッケージに詰めてもらう人の作業費が要りますが、
このくらいなら20円でしょう。
1,150+20=1,170 見えるものだけで1個1,170円です。

これが、特許のもので、弁理士さんに頼んでいれば
40万円程度はかかっています。 
そういう商品でなくても既に1,170円なんですよ。

倉庫代、ネットショップの出店料、あるいは宣伝費・・・・・・は入ってません。
これを他のお店においてもらうには、流通価格でなければ
置いてもらえませんから・・・・・・というわけで
皆さんなら、いくらの値段を付けますか?

では100円ショップの規模で同じものを考えてみましょう。
2,000店舗あるとしましょう。(多分もう少し多いはず)
一つの店舗で月に10個ずつ売れたとして20,000個です。

金型代は100万で同じですが、分母が変われば
1,000,000÷20,000=501個50円です。

そして、プラスチック1個の部品の値段はまた別ですから、、
20,000万個の注文なら25円より安いかも知れません。
50+25=75、 ここまでで1個75円です。

そして、シールや台紙、、20,000枚の印刷なら10円以内とか、
75+10=85 ほう、1個85円です。
パッケージへの封入作業10円として95円
その上、製造直販ですから、流通価格とか考えなくてそのままの価格です。
1個100円でも、損にはなりません。 正に薄利多売です。

ここまで大きなマーケットであれば、勝手に「○○円でどうですか」とか
相手から売り込んでくれます。

1000個の発注って、製造業では多い方ではありません。
最低で引き受けてくれる単位と思って頂いて良いです。
私はいつも「すみません、1000個なんですけれど・・・」の姿勢です。
タクシーの「すみません近くなんですけど・・・・・」と似ています。

大規模な販路、大量発注、大量生産、そして・・・
現金収入、(100円ショップでカード決済あまり見ない)
100円ショップはものすごいビジネス・モデルなのです。

すみません、私の仕事がまだまだなんです。
100円ショップのような販路も仕入れも築けていいません。

なんで、高いのかとおっしゃるのは、ごもっともです。
作っている私も、皆さまと同じ思いです。

1000円~2000円のリコーダーのミュートを作る技術と、
20万~30万のリコーダーのミュートを作る技術の本質は
変わらないし、他のもっと高い楽器のミュートより簡単に
作れるかと言われると困るのですが、
簡単では無かったから無かっただけだとも言えるんです。
それは、楽器なりに違うと思います。

楽器本体の値段でミュートの値段が決まるなんて
おかしな話ですよ。 技術じゃなくて、相場観なんですね。
でも、私自身も相場観で高いと思ってしまっているんです。

ですから、現在の価格、相当悩んで設定しました。 
事務所も見栄は張りません。 家のあちこちに段ボール
極力内製化してますから、寝る時間も削っていて、
それでも「高い」と言われれてしまうと、
何で作っているのか自分でも分かりません 
うーん、何で作っているんでしょうね。

・・・・・・・・待てよ、2万個の受注を先に取れたら
もっと安く作れるという事じゃない?
それだ!リスクを取ろう。
関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。