特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3Dプリンター使っている私が思うこと
私は開発で3Dプリンター(積層タイプ)を使用することがありますが、
自分では所有していません。 
プリンターにも種類があります。
https://seizo-net.com/3dprinter/type/
最近は3万円台というリーズナブルなものもあり、
ウチにあっても良いのかなと思ったりもしていて、真剣に物色してました。
でも、どなたに相談しても、メンテナンスの問題があり、
私のようにラボに行ってお借りする方が、ずっと効率が良いと言われて
現在も通ってプリントアウトしています。

そう、ですからメンテナンスのお話しは無ですよ。
そこは、ラボさんにお任せしていますので、あくまで操作性と
プリントアウトした物の良し悪しに限ったお話しです。

ラボに行くと、まずは各メーカーさんごとのマニュアルがあり、
台の高さ調整やマテリアルの設定、などなど、あるわけです。 
私が慣れたのか、性能が上がったのか失敗が少なくなりました。
失敗というのは、台からマテリアルが離れてグチャグチャになる
とかですが、まあ、悲惨です。 
途中まで行程が進んでいてなったと時は「時間返して!」と思います。

この設定が簡単になれば、もっと利用しやすくなるのは
分かっていますが、これをしなくて済むことはありません。 
センサーで割り出したりもしてくれますが、全く任せきりはありません。
あくまで目安で、自分で数字を入力しなければいけないところが
今のところ殆どです。

この点で、Brule【http://www.brule.co.jp/】のUltimaker 3は
使ってみてうなりました。
1.設定が分かりやすくて、少ない。
2.デスクから離れなくてもパソコンでモニター出来る。
3.ラフターが少ない。(後処理が楽)
4.プリンターそのものが美しい外観、動きも未来的で、音も良い。
水溶性のラフターは試していませんが、上のホームページでは
紹介されていました。 これも出来るんですね、凄い。
プリントアウトした物、これが、私の体験の中では秀逸です。

秘密の開発なので写真は上がられませんが、メーカーホームページの
印刷例に偽りありません。 バリ取り少ないし、始めから綺麗です。 
価格はそれなりですが、ストレスの少ない印刷機です。

価格的には、今、そこそこ3D印刷もできて、レーザー彫刻付、
CNC切削できるのが10万切った物も出てきています。
何がしたいかで選択肢が増えたのはとてもいい事ですよね。 

問題は、使えるマテリアルも増えましたが、挑戦メニューになります。
私も現在、木製のフィラメントに泣かされています。
「ウチではできません」と断られた事、しばしばです。
フィラメントは売っているのに、使える機会、器械が無いなんて、
残念ですね。

今回、積層タイプに限った3Dプリンターについてのお話しですが、
販売が出来るくらいの印刷材料と、仕上がりと耐久が揃うと、
加速度的に発展する分野では無いでしょうか。
ウチは試作止まりなので、とってもありがたい道具ですが、
(試作、頼むと高いんです。)
ラボでの人気はレーザーカッターです。
3Dプリンターはまだまだなんですよね。
なんか、応援したくなる。



関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。