特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
植木鉢の並べ替え
小さなベランダに植木鉢を並べています。
家族は花にまったく興味が無く、私だけの占有地でです。
いくら教えても花の名前は覚えてもらえず、
布団干しの邪魔になるとか、自分のアレルギーと
関係がある種類は無いのかといった、利害関係の
対象にしかしてもらえません。

それでも、植物図鑑のように花を集めたい私にとっては、
最低限の欲望を並べているにすぎません。
狭いマンションの3階のベランダは、植物にとっては
ちょっと頑張って生育しているわけで、
私に見てもらうためだけに、そこにあるのかと思うと
愛おしくてなりません。

この夏から秋へと変わる時期、恒例の植木鉢の移動をします。
地植えでない植物にとって、夏は過酷な環境でした。
コンクリートの上は焼けるような熱さになるので、
日陰に置いてやった方が良い種類もあります。
そして、今日のように朝晩が冷えて、20度を超えなくなった日、
そろそろ日に当ててやろうと移動します。

この季節の植物も好きです。 
ちょっと枯れた葉や、緑の濃淡だけではない、黄や赤なんかが、
ほんのりついた葉と一緒に、ひと回り小さな濃い色の花が枝に
点いています。 一枝にすべての色が留まっているような
美しさがあります。

一年草の場所に次の季節の花を思案したり、球根の具合など
確かめていたりすると、日常を忘れていた事に気付きます。

日々している仕事は、前進しているんだろうかと思う事も多々
ありますが、植物は成長も早く、私が種まきしていることも
何時か芽が出るから、蒔くことを育てる事を諦めるなと
教えてくれているいる気がします。 
また、種を蒔きましょうか。

関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。