特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
市場開拓助成事業に採択されました。⑤
タイトルの「市場開拓助成事業」と迷っている
「新・展示会等出展支援助成事業」への申請書ですが、
結論出ました。
「新・展示会等出展支援助成事業」を選択します。
理由は以下3つ。
1.負担する金額が減れば、商品の価格を今まで通りに
  抑えていける。
2.新たに出来つつある新製品も一緒に展示出来る。
 (市場開拓助成事業」はdim.dim.に限定されてしまうのです。)
3.担当者が勧めるから。

1.は、事業として、単価の安いこの商品で、身銭を切るような
  無理は、してはいけないという事です。
  前回、気にしていたような、選ばれておきながらの勝手な辞退。
  でも、事業としての存続の方が優先ではあります。
  ・・・・・・・頭は下げるべきですね。  私の身勝手をお許し下さい。

2.は、これが私の盲点だったのですが、dim.dim.で
  「事業可能性評価」を受けていた事が審査対象だったので、
  これに関するものであれば良いと思っていたのですが、
  dim.dim.を利用した新製品には適応されないのです。
  展示会に新しいものを出したいのが人情、ダメだと言われて
  しまうと、困ることもあります。「新・展示会・・・・」はこの点
  がOKです。

3.は、意外に思われるかもしれませんが、大きいです。
  私は、個人なので自由だし、自由でいるために起業したと
  思われる方が多いと思います。
  でも、私は客観的な目でアドバイスを下さった方の判断は
  信じます。 その代り、思いも背景も面倒臭がらずに
  相談者には伝えるべきで、情報を共有できているプロが
  くれたアドバイスであれば、意地を張らずに従うべきです。
  NOという方が勇気が要るのですから、NOと言ってくれた人に
  感謝しましょう。 もし、「新・展示会等出展支援助成事業」に
  落ちたら、ゼロになりますが、リスクはつきものですから。
  自分の責任です。

  さて、どちらにしても書類書き・・・・・・・・

  
関連記事
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。