特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
専門家であるということ
あるコンペに応募することになって、かつて自分で書いた特許を
読み直しています。 当時はそれなりに色々勉強して苦労した筈で
それこそ、一語一句に悩みました。

その時点では、「もうこれ以上考えたってしょうがないな」という
勢いみたいなもので、特許庁に出しに行きました。
いや、正直に言えば、年末の大掃除やおせちの準備もあったので、
歳を超したくなかったというのが、ありました。

でも、何かを区切りにしないと、何時までも抱え込んでしまうものです。
で、この後、拒絶理由が届いて、大いに慌てることになるのですが、
もう10日歳を超して悩んでも一緒だったでしょう。

当時のそんなことも、コンペの用紙の記入欄に出願日など書きながら
思い出したりしていました。  意外と苦労もですが、どんな風に
書いていたのか忘れているものです。

何処に視点を置いて開発したものなのかとか、
どんな事を解決し、今後どんな風にこの発明が活用
されるだろうことも書いていました。 ほう、書いてたのか・・・

dim.dim.を500個以上皆さんに使って頂いて、色んなお叱りや
お褒めの言葉を頂いて、ここまで来ました。
今のところですが、リコーダーの音量の調整器で、ここまで考えら
れたものは無いと、生意気ですが思っています。

ずっとこうして一つの事に関わってくると、
新しい発見は必然的に起こります。
それ自体は素晴らしい事です。

ところが、歓迎出来たり、出来なかったり・・・・。
自分の権利を侵してしまう領域に差し掛かる事も、
今までの努力を台無しにしてしまうのもありました。
でも、進まなくちゃいけない。

私は学者でも無いので、こうなるであろうという仮説が
根底から覆っても、別にプライドは傷つかないので、
さて、ではどうすれば良いかな?
・・・と次の解決を考えれば良いのです。

その解決が浮かばないときが苦しい・・・・本当に。
でも、それは専門であるという看板を上げてしまった限り、
その苦しみは永遠であると覚悟するべきなのでしょう。

最近、この他の人の悩みを引き受けて苦しんだ分だけ、
私の専門とするところの知識を深められるのだろうと
思っています。

それは、どんな仕事でも一緒ですよ。
みんな、何かの専門家なのだと思うのです。 あなたも。
だから、今の時点でのベストを、必要な人に提供出来るのです。
胸を張りましょう!  
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック