特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国商標、拒絶通知をもらう
先週末、中国に出願中の商標に、拒絶通知が来ました。
あくまで、私の個人的な見解ですが、「本当に似てますか?」
というのが正直な感想です。

ただ、私の勉強不足でした。
中国の商標に特色がある事を、この件で初めて知ったのです。
「識別力」に保守的なのだそうです。

そうした国で酷似した商品が堂々と商品棚に並べられてきた
のは、似ていることも、違っていることも、あまり差がないと
いうこのなのでしょうね。

例えばですが、ウチのところのマークは、
左を向いた赤い鳥が音符をくわえていて、英語表記された
会社の文字上に乗っています。

ところが反対方向を向いた鳥が葉っぱを加えているだけの
文字も無い図案と似ているそうです。
とにかく、私の主観はさておき「似ている」のだそうです。

そして、恐るべきことを知りました。
一審と二審はセットなのだということを。
一審で済むことは稀で、訴訟予算を確保しておくべきなのだそうです。

そんなに費用がかかるのであれば、ヨーロッパが先だったかな・・・・
恐らく、判断に私の主観と近い「識別力」を適用してもらえそう
でしたしね。

ただ、こうした経緯からも、中国の知財の確保は、どの国より
先にすべきとの意見も、調べてみると多かったのです。
ヨーロッパはEUから離脱した、イギリスの問題もありますが、
先に「中国で商標」は間違いではなかったのですね。
時間がかかりそうです。

今年、できれば他の国へも商標出願をしておきたかったのですが、
予定通りにはいかないです。
ここはしばらく、中国とのやり取りを楽しむことといたします。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。