特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外で作ってみようかしら・・・・・・・・
新しいカテゴリーに加えるか迷うテーマです。
量産化は走り出しています。
今後、微調整を繰り返しながら、 ベストに近づけて
いくのだろうとは思いますが、基本の流れが出来ました。

さて、次は価格なのだろうと思います。
ウチの会社の規模については、あまり考えてもらえません。 
お客様が向き合うのは「dim.dim.」という商品だけなのです。

プラスチック製のリコーダーが2000円以内であることから、
dim.dim.は、付属品なのに高いと思われる価格設定です。
「時間と場所」が買える道具ですが、今まで無かったので、
必要を認めるまでには時間が掛かることでしょう。

出来ればここをスピードアップして、ある程度の品質を保ち、
早く、安く、多くの子供達に使ってもらいたいと考えています。
量産もそこまで行けて、漸く意味があることになってきます。

価格に反映できる量産のシステムを考えると、イギリスの
EU離脱で円高に動くのは必至、海外での製造を考える訳です。
今なら、どちらもありなので悩みますね。

関連記事
コメント
コメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016/06/23(木) 01:09:13 | | # [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。