特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「特許は自分で取れます」その7-拒絶通知書
「拒絶通知書」というのは、審査請求している特許、審査したけど、
このままでは特許査定出せませんよ。というお知らせです。
すべての人が受け取るものではありません。

特許を取るとき、こういう厄介な手続きがあることを
知りませんでした。 
だから、無謀にも自分で取ろうとしたのかもしれません。

でも、ちゃんと特許明細なども書けていれば、
こんなものは来ませんから大丈夫ですよ。

特許明細とか図面は、時間を味方に、コツコツやっていれば
どうにかなるモノです。
でも、この「拒絶通知書」は60日以内に「意見書」を提出しないと
そのまま、特許はただの出願止まりで、何の権利も発生しません。
そして、60日後、2度と自分の権利とはならなくなります。

ちょっと話はそれますが、では「出願」って何でしょう?
出願すれば公知のものになって、自分の権利にもならないけど、
誰も独占できなくなります。 

特許出願中って書いてあるものを、偶に見かけます。
まだ権利にはなっていませんが、出願後3年以内に審査請求すれば
良いので、特許になる可能性がありますよって、お知らせしてるって
いう感じではないでしょうか。

この「意見書の書き方」が書いてある本が、当時はほとんど見つかり
ませんでした。 最近はあるのかしら。
本の表紙

特許申請は自分できる
上の2つを参考にして、意見書の対応をしました。
そして、東京都中小企業振興公社の東京都知的財産綜合センター
に、書き上げたものを持って行って、ご相談しました。

そして、特許庁審査官と面談して、漸く特許査定の通知を受け取る
事が出来ました。

この間に、「補正書と」いって、私のようにうっかり者の為に、
間違えた図面の番号や、誤字脱字の修正が、出来るチャンスが
あります。 生かされていませんが(誤字が残ってしまいました。)

こんな私ですが、それでも、特許は取得出来ています。
皆さんなら、大丈夫、ちゃんと取れます。

「特許は自分で取れます」その1-その7まで、
読んでい頂いてありがとうございます。
御健闘を祈ります。 
日本の特許の出願数と登録数を増やしましょうよ!
ついでに出生率もねp(*^-^*)q




コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック