特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
「特許は自分で取れます」その3-お手本探し
さあ、検索サイトを覗かれた皆さま、いかがでしたでしょうか?
もし、色んなものに目が行って、自分の発明以外の事まで、
見てしまって、いくら時間があっても足りないという方、
いらっしゃったのではないでしょうか。

そして、出願内容が技術的に高度な物から、
アイデアにあふれるものから、様々な種類、パターンがあることに
気付かれたのではないでしょうか。

では、次に参りましょう。
特許のお手本を探して下さい。
ご自分で取ろうとお考えのものが、どのように見せたら
良いのか、骨組みが似ているものを見つけて、
お手本にいたしましょう。
まずはご自分のスタイルに合いそうな物をみつけることです。

私の時には、中小企業振興公社の知財総合センターで
担当窓口の方が勧めて下さるものがありました。
本当に良いお手本でした。
簡潔で、とても良い観点で書かれたものでした。

日常では、使い慣れない言い回しの文体でしたが、
兎に角、古文か何かだと思って、馴染むまで読み込みました。
そして、表現のコツのようなものを自分なりに掴んで
思いつくまま、なりきって書いてみました。

こんな日本語ありかなと思ったりするのですが、
wordで書いていて、下に赤線が付かないので、これでも
いいんだぁと可笑しかったことが何度もあります。

そう、注意が一つ、特許出願では無く、権利取得までを
目指しているのが前提ですから、お手本も、出願止まりでは無く、
キチンと、審査請求までして最終処分に登録番号が付いてる
ものを選んで下さいね。
私のような代理人が居ない、つまり弁理士さん無しはNGです。
素人が書いていますから、参考にはなりませんよ。

次回も書き方についてです。





関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック