特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
市場開拓助成事業に採択されました。⑤
タイトルの「市場開拓助成事業」と迷っている
「新・展示会等出展支援助成事業」への申請書ですが、
結論出ました。
「新・展示会等出展支援助成事業」を選択します。
理由は以下3つ。
1.負担する金額が減れば、商品の価格を今まで通りに
  抑えていける。
2.新たに出来つつある新製品も一緒に展示出来る。
 (市場開拓助成事業」はdim.dim.に限定されてしまうのです。)
3.担当者が勧めるから。

1.は、事業として、単価の安いこの商品で、身銭を切るような
  無理は、してはいけないという事です。
  前回、気にしていたような、選ばれておきながらの勝手な辞退。
  でも、事業としての存続の方が優先ではあります。
  ・・・・・・・頭は下げるべきですね。  私の身勝手をお許し下さい。

2.は、これが私の盲点だったのですが、dim.dim.で
  「事業可能性評価」を受けていた事が審査対象だったので、
  これに関するものであれば良いと思っていたのですが、
  dim.dim.を利用した新製品には適応されないのです。
  展示会に新しいものを出したいのが人情、ダメだと言われて
  しまうと、困ることもあります。「新・展示会・・・・」はこの点
  がOKです。

3.は、意外に思われるかもしれませんが、大きいです。
  私は、個人なので自由だし、自由でいるために起業したと
  思われる方が多いと思います。
  でも、私は客観的な目でアドバイスを下さった方の判断は
  信じます。 その代り、思いも背景も面倒臭がらずに
  相談者には伝えるべきで、情報を共有できているプロが
  くれたアドバイスであれば、意地を張らずに従うべきです。
  NOという方が勇気が要るのですから、NOと言ってくれた人に
  感謝しましょう。 もし、「新・展示会等出展支援助成事業」に
  落ちたら、ゼロになりますが、リスクはつきものですから。
  自分の責任です。

  さて、どちらにしても書類書き・・・・・・・・

  
市場開拓助成事業に採択されました。④
続きです。 出展先を変更する為の申請の変更届を作成して、
担当に提出に行ってきました。
ところが、私としたことが・・・・・・・・・
別な助成金の「変更承認申請書」を作って持って行ってしまいました。

どんなに上手に書けていてもダメですよね(笑)

採択されたのはタイトルの市場開拓助成事業で、
間違えて書類を作ってしまったのが、
新・展示会等出展支援助成事業というものです。

どっちの助成を受けるべきか迷ってファイルのダウンロードだけは
していました。 それが、今回の間違いのもとだったのですが・・・・

ところが、提出した担当者の方から、そちらへ、変更する事を
勧められました。 今のものは1/2助成に対して、「新・展示会等・・・」
は2/3の助成があります。
確認すると要件は満たしているので、申請することが出来そうです。

申請の難易度で言えば「1/2助成の「市場開拓助成制度」の方が
審査が厳しいそうです。  助成限度額が300万だからでしょう。
私にはそんなに必要無い額です。

この助成金の選択は、その時に出展したかった展示会が特殊だった
ので、認めてもらえる可能性がある方を選びました。
結果としては認められず、差替えをしなければならない状態です。

そうしているうちに新たに出展したい展示会が出来たのですが、
その展示会であれば、どちらの助成金でもOKなのです。
それなら、助成額の多い方へ申請しなおす方が賢明です。

但し・・・・既に採択されている方に、展示会の選択を変える変更申請
の方が簡単で、確実です。
「新展示会等・・・・」は1からのスタートで、更に前に採択された
「市場開拓・・・・」には中止(廃止)の申請も必要です。

何で、今これ(ブログ)を書いているかというと、迷っているからです。
書いているうちに整理され、納得できると思って書き始めました。
迷っています。・・・更に迷い始めています。

金額、手間暇、だけでは無く、私が選ばれた為に選ばれない人が
いたということです。 
せっかく選んでもらったのに・・・・良いんだろうか、こんなことで・・・。
私が辞退して、誰かが繰り上がるなら、いっそ気が楽なのですが。

市場開拓助成事業に採択されました。③
今回、助成金についてリアルにご紹介したいと思って連載しています。
確保できている助成対象経費内で、現在新たな展示会を探しているのですが、
そこにもコツがあることがわかったので、ご参考に書いておきます。

ざっくり「展示会」では一定の展示会しか出てきません。 
ジャンルを加えられると良いのですが、ウチの商品だとそれも難しい選択に
なってしまします。 そこで「公社」や「信金」、「商工会議所」と
主催に関連するキーワードを入れてみました。

そうすると、今まで出てこなかったような展示会名が、
上位から表示されるようになり、手が届きそうな小間料の展示会を
いくつか見つける事が出来ました。 

但し、こうした事業サポート色の強い展示会への申し込みは
出展の条件があり、提出物や申し込みの書類の分量も多かったりします。

出展数を増やすのは、展示会ごとにリポートや書類を作る必要があり、
作業は確実に増えます。 印刷物の枚数もです。
日常の事だけでも大変なのに・・・・ですので、今年初めて出展すると
いう方にはお勧めいたしません。 

でも、車の運転と似たところがあって、免許取ったら、間を空けずに
乗る。ということです。
製品が出来たら販売しなければいけません。 
そうした時、自分は営業向きでないことが十分に分かっていましたから、

「売ってくれる人をさがそう!」それが出展の理由です。 

「今年は展示会に出まくるぞ!」と決めてしまえば
なかなか充実しそうです。

昔は人と会う事が何となく億劫だったりしたのですが、近頃は会えば何か
新しいアイデアも生まれることが分かってきて、恐れずにワクワク出来る
ようになりました。「展示会」は大切な種まきなのですよね。 

中間報告書から最後の書類提出まで、折に触れてこのテーマで
更新致しますので、お見逃し無く!
市場開拓助成事業に採択されました。②
さて、続きです。 出展先を見つけて申し込みましたが・・・
今、揉めています。
今までがツイていただけだったかもしれません。 
・・・・・・・・・・・初めてです。

法人でないと申し込めないと、出展を拒まれました。

そして、主催側の担当の方もこんな方法なら出展できます。
と提案して下さいましたが、
そのご提案に私が応えられるかかという点と、
その方法でも公社が申請の変更を受け付けてくれるのかと
いう問題です。

変更申請の種類も決まらなければ、書けません。
出展小間料の振込期限も2週間を切りました。
変更申請が認められないうちに振り込んだ金額は補助の
対象から外れます。 早く交渉つけないといけません。

読んでいる方は、なんだか分からなくなられたことでしょう。
まだ細かい規定があるのですが、端折ってもこれくらい、複雑な話です。

そして、更にもう一件、
見つけたもう一つの展示会は出展料が非常に安く出展できる、
企業支援機関が主催してくれる展示会ですが、
故に人気も高く、キャンセル待ちでしか、出展できない状態になっています。

つまり、確実に出展出来るものが、一つも見つかっていないことになります。

補助金というのは採択された時に、ミッション達成に全体で最低限必要な
○○○○千円のうち、2分の1の○○○千円をミッション完了後の
報告書を確認して振り込んであげるね。
というのが、採択された書類に書いてあります。

変更の申請をする時に、せっかく勝ち取った○○○○千円を自ら減額して
しまう残念なことも、このままだと起きてしまうという訳で・・・・・
また、「出展先探し」続けます。・・・・・・・更に次回に続く。
市場開拓助成事業に採択されました。①
起業から3つ目の助成金です。

助成金って色々ありますが、申込時に申請出来る要件を
満たさなければいけないものもあります。
今回の分は、この応募そのものに制限があったものです。

採択を受ける前に審査機関からお電話を頂き、
内容の一部変更が出来るかを尋ねられました。
よくはわかりませんが、私はこの申請の採択は無いな・・・・・・・
「私は選ばれない」と感じました。

ある、ビジネスコンペを逃して以来、こうしたことに
自分のビジネスはあまり評価されてないものだ。
ただ、女ひとりで頑張っているから、今の時流だから
ちょっと情けをかけてやろうくらいの代物であると思っています。

しかし、実際のところ自分で開発から製造、販売、
なかなか大変です。 その上展示会をするなんて無謀です。
出展の小間料ってどのくらいすると思いますか?
個人の私には腰が引ける金額です。

出展の小間料ご興味のある方は「CEMICON JAPAN」
これ、私が知っているところの平均より、若干安めな価格だと思います。
それでもこのくらいは掛かりますし、ブースの装飾費やパンフレット、
運搬や当日の人件費等・・・・は他に必要です。
この金額が半分になるなら、採択して頂けるととてもありがたいです。

ですから、採択は諦めかけていた事を、「やってみれば」と
背中を押される、充分な動機です。

でも、変更を求められたのは出展先でした。 
私が出展を希望していたものが、展示会では無くイベントの扱いで、
BtoBでなければ助成しないという大原則から外れていたからです。

現在、出展先探しに奔走中、続きは次回必ずというところで・・・・・。

創業補助金の完了報告
創業補助金ファンのみなさま、大変お待たせしました。
創業補助金、同期採択のみなさま。お疲れ様です。

提出するファイルはわずか12mmですが、
家にあるこの期間の領収関係のファイルは65mmでした。
創業補助金あるあるですね。

何もかも無駄だったか言えば、そんな事も無いのです。
CADはとても助かっているし、展示会で流しっぱなしにしていた動画は
凄くいい雰囲気で、場が和んだのは事実です。
あれをホームページで見て、、楽器フェアにいらした方もいたようです。
ありがたい。

これから完了報告書を書かれる方に、おせっかいです。

車の免許を取ったときに掴んだコツがあります。
学科の問題は、自分がハンドルを握っている気分で答えると、
不正解になることが多いんです。
通行人とか、助手席から考えましょう。

一体何が言いたいか。 賢い採択者の皆様は解かったかもしれませんね。
そう、採択する側から考えましょう。 自分が事務局員だったらどうでしょう?
 どうして受理してもらえないのか・・・・
そうです。相手の立場になって考えましょうでしたっけ、それです。

国が決めた事を事務局の方が現場で処理してくださっている訳です。
ですから、事務局の方が仕事をしやすいようにすれば、道はひらけるんです。

私?問題以前です。
24年度採択なのに25年度のフォーマットに書いていて
全部書き直しになりましたよ。
せめてアーティストへの依頼を専門家としての扱いにしてほしいと
ずっと動いてきましたが、、、、、これも認められませんでした。
「納品書」とか「見積書」とかに落とし込む事になりました。

アマゾン在庫切れになってます。・・・・でも、書類書き。
だって、この戻ってきたお金は、材料費です。
書かないと作るお金は出てこないです。
一生懸命書くことは作ること、ね。


ラストスパート
いよいよミッションの期限が迫ってきました。
皆さんとお約束していた8月販売は結果として出来ていません。
本当に申し訳ありません。
色々あって、予定と違う動きをしなくてはならなくなりました。
優先順位が変わり、動画の撮影をしていました。
これについては、目標達成できそうです。
ホームページに埋め込む場所を決めて只今準備中です。
納品後速やかにアップロードの予定です。
これで弊社の取り扱う「dim.dim.」がどんなものか、
どんなことをしようとしている会社なのがが見えるものが出来ました。
会社案内のパンフレットより、有効なものになるだろうと思います。

そして、無料レンタルは、今までのモデルと違う物をデザイン中です。
プロのアーティストとの技術相談の結果から、更に手を加えることにしました。
CADがあるのでこのサイクルは圧倒的に早くなりました。

「技術、広報の強化」こんなところが弊社にとっての創業補助金
ミッションでした。 融資を受けてから、一ヶ月あまり、
やれるだけのことはしたと思います。

創業補助金のミッションと並行してすすめていた、。
「dim.dim.kit」は説明書が完成したら、販売です。
展示会の準備と今後被りますが、一つずつするしかありません。
魔法はありません。 完成までのプロセスを分割して、
一つずつ小さく完成していくしかないのです。
そして、ラストスパート、多少の無理は必要です。
次の助成金を探し始めました。
停滞期してました。 私だって落ち込みます。
原因は色々ですが、混乱しているので、整理してみましょう。

今回の原因は、決まって嬉しかったはずの創業補助金の件、
ミッションを達成する為の資金が不足していて動けないこと。
つまり、、銀行からの融資が遅れていると言う問題です。

ここ数カ月、「もし来週振り込まれたら、この段取りで行こう」
というのを考え続けて疲れてしまいました。
直ぐに動けるようにと、山のような打合せだけは熟してきて、
準備だけはしてきました。 早くに集めすぎた期限切れの
見積書だけが山になっています。

「創業補助金」のミッションを達成する為の資金が
無いまま、期日jが迫っています。 
来週、銀行にお金が振り込まれても、
8ヶ月かけてしようとしていた事を一ヶ月半でするのは
難しいと思います。

創業補助金の辞退の前に、もう一度考えて!
何かまだ策はあるはずです。
補助金の期限を延ばせるのが、一番ありがたいのですが・・・・・
今回の補助金の期限延長はできないそうです。

そこで、この問題のとらえ方を変えてみるのはどうでしょう?

「次の補助金を現時点の事業計画で確保できたら・・・」
「その間に銀行からの融資が受けられたら・・・・・・」な~んだぁ
次の補助金の時は、或る程度のキャッシュを持って事業が展開できます。
そうかぁ、次の助成金を探そう!

原因が明らかであれば解決策を考えてみる必要があります。
解決が経験になって自信につながるからです。
意味のある悩み方になるのです。

世の中のせいにしてみますか?
人のせいにすることはありません。 
人を変えるには大変な事ですよね、自分の子供だって難しい。
原因は大抵自分なのです。 そう考えれば、解決は早い! 
何しろ自分が変われば良いだけです。

次の助成金からが、本当の商いになりそうです。
創業補助金ってその為にあるものなのかもしれませんね。
そんな気さえしてきました。
創業補助金、「交付決定通知書」が届いていました。
寒くて一歩も外に出ていませんでした。
新聞などとの重なり方から・・・・おそらく
土曜日に届いていたと思われます。

ごちゃごちゃ言っていましたが、ありがたい交付金です。
日本経済の活性化と雇用促進を担った大切な税金です。
結果を出せるように、知恵を絞って活用しましょうね。

日付は2月27日付でした。そうか・・・・嬉しいな。
創業補助金の申請、わたしの場合
創業補助金の申請手続きやその後の報告や整理で
辞退、断念する方がいらっしゃると聞きました。
「もったいないことを・・・・・・・」と思われるかもしれませんが、
確かにそれもあるかも・・・・・と、今回申請して思いました。

考えてもみて下さい。国が投資するわけですから、
みなさんの税金からです。当然、だれが見ても明瞭で
なければいけません。

長くなってしまいました。 この先は助成金を考えている方など
ご興味があればどうぞ。

しかし、真剣に操業を頑張っている時期は
大抵私のような製造業とかだと、睡眠を削って図面を書いていたり、
試作したりです。 試作を外部に委託していれば
その資金を稼ぐためにバイト漬けかもしれません。

あまりに手続きが煩雑過ぎたり、創業プランに支障が出てくれば
辞退もありだと・・・・・

すんなり申請に通りやすい勘定科目ばかりなら良いのです。
例えば、人件費とか事務所の経費とか・・・・・・・・・・
そして、チラシの印刷費であるとか・・・・・・・・

しかし、私の欲しいところはサンプル配布や無料レンタルの製造費
(金型を含む)だったり、図面を描くためのCAD、音楽家への協力依頼費用。
と項目の一つ一つがすんなり行きにくそうなものがあったので
それなりの覚悟はありました。

だからと言って、補助金をもらうための事業ではないので
正直にビジネスプランを作り、2週間単位の緻密な
時系列の中での予定に即した内容だったので、
今更、そこを変えるのも面倒でした。

どこか、払ってもらえなかったらしょうがない、
それなら自分でなんとかするだけさ。くらいは思っていました。

それでも、申請は「交渉ありき」とのぞんでいました。
「前例がある」というのが実はとても大切だということを知りました。
先輩の誰かが既に交渉、アピールなりして、申請が通っていたモノ
については、案外あっさり認めてもらえそうなのも知りました。

申請手続きの説明会で
「基本、CADは建築設計関係以外認めていません。」
とありましたが、製造でも認められたことがあったそうです。
ですから、結果、認められました。
そして、金型もダメと言われていましたが、
簡易的な金型で1000個作ったら廃棄になりそうなものであれば
やはりかつて前例がありました。

交渉して認めてもらうことは自分のためだけではないのです。
後進へのエールにもつながるのですから、正当性があれば
大いに主張して認めてもらう事は無駄ではないのです。

私の申請で一番問題になったのは、
アーティストの試作品に技術協力や助言、更に演奏に対する謝金です。
そもそも「謝金」は士業の方へのものが前提なのだそうです。

アーティスト・演奏家はそこにはないそうです。
わたしは説明の中で「プロの方」というのには
そうした方も当然入るだろうと思っていたのですが違ったようです。

担当者の方が大変だったのかもしれません。
そうなのです。こうした申請手続きに入ると事務局から担当者が付きます。
私も大変ですが、担当者の方は事務局と交渉しなければなりません。
私にもどうして認めてくれないのかと言われ、
事務局は前例のないものは検討しなければいけませんから、
担当に事情説明を求めるのでしょう・・・・あくまで私の想像ですが、
担当者も「面倒くさいのと当たったな・・・・」そう思ったかもしれません。

一応、担当者の方から頂いたアドバイスの通り記入して、申請をしています。
現在、結果待ちです。

創業補助金の申請をしました。
展示会の準備と並行して、初めての決算と創業補助金の申請がありました。

創業補助金の申請は先週末にようやく提出できました。
なかなか、提出出来ない理由があります。
単純な計算ミスやら、補助内容の解釈の違いやら、まあ色々です。

申請して一度で通る事はありませんというお話を
申請手続きの説明会で受けてはいたので、覚悟はしていました。

つい最近出席した、日本政策金融公庫の女性経営者対象とした
資金調達の説明会でも、あまりに大変で辞退者もあると聞きました。
なんと勿体ない。 私なら石に噛り付いても頑張るところです。

蒔かない種は生えないのです。
沢山の種まきにはそれなりの資本を必要とします。
勿論、無料の方法も活用した上で、更にあるに越したことはありませんよね。

無理に消化する必要も無いのです。 
200万の補助金を使いきれない人もいるそうですが、製造業は間違いなく
使いたいです。 いくらあっても足りないくらいです。

しかしです。 考えて頂きたいテーマはその先にあります。
今回のこの補助金については、宣伝広告には使えても、
商品の製造には認めて頂けません。
そうなのです、補助の対象が何であるかの確認が大切です。

このことで、私は今までのビジネス・プランを変えることになりました。
でも、結果としては悪くないし、その結果が楽しみでもあります。

とても縛りが多い助成金ではありますが、チャンスに変えようと思えば
別なアイデアも生まれました。 

9月までの期間が対象で、その後の清算時に又一山ありそうですが、
資金調達の一つとしてやはり助けになります。
追風ですよ、やっぱり。 

ただ、製造業にはどうでしょう・・・・・・多分IT関係とかの方が
清算楽ではないかしら・・・隣の芝生?
次回、私の製造業で何が躓きだったかご紹介しましょう。

本日、ここまで。



創業資金の一つとして助成金はいかが?
今回、ホームページを作っていた時に
突然、創業補助金の募集があって、書類作成に追われていました。
この第三回創業補助金の一次募集の締め切りが10月21日でした。
そして、つい最近採択の結果がネットで公開されました。

創業補助金(東京事務所)
更に、二次募集の締め切りが12月24日で、
現在一生懸命に励んでいらっしゃる皆様もいらっしゃることでしょう。
まだ、起業がこれからの方たちにこうした制度にチャレンジなさることを
お薦めしたいと思います。

今回無理でも、助成金の募集は今後もありますので、
意識的に情報の収集をしてみて下さい。

絵に描いた餅にするか、本当に起業してみるか、
この手前で判断材料が欲しい方には特におすすめですよ。

起業すれば事業計画書を作る機会が当然増えます。
それはIT関係であれ、飲食店であれ
土俵は違ってもビジネスなのです。
書き方にテクニックが必要な事も判ってきました。

私も書いてみて、面倒くさいと言いながら、
嫌いではないようです。
期限付きなのも良いところです。
時間を無駄にせず、集中的に取り組めます。

借金「0」で起業するプランでも、何かあった時の保険として
金融機関とのパイプは無いよりあった方が良いのは当然です。
事業を継続していく為には避けて通れない所です。

事業計画書を作っていくうちに、私にもそうした機関との
入口、接点が生まれて、自然に事業が現実に近づいたのです。
これがもっともお勧めポイントです。

これからどうなるかわかりませんが、
私は「人、モノ、金」が無い所からのスタートでした。
私がもし、10年ビジネスを継続できたら、
この、ノウハウこそが実は一番の資源であると思います。

今の時点で分かったのは、起業は誰でも出来ます。
開業届けを税務署に提出すれば良いだけです。
事業継続の道を選択し続けるための技術こそが
簡単そうで難しいんじゃないでしょうか。

そこを見通す為に、事業計画書を書き
経験豊かな、他の誰かに見て貰えるのは、
OKを貰えた時に自信になることは確かです。

一人で歩くには不安すぎますからね。
何処に着くか解からないけど、どっかに着くだろうという
スタートでした。それでも、「今日はこのくらい」が
何となく見えてきました。

「難しい事」は「楽しい事」の入り口の手前に必ず用意されています。
案外、くぐってみれば更に面白いかもしれませんよね。
行ってみましょうか・・・・・・・・・。