特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
SNSで傷ついている人へ
リコーダーコンテストは今年で40回目を迎えました。
平成最後の年でもあり、昭和、平成、「?」の時代を経て、
続いてきた伝統あるコンテストです。
今年も万障繰り合わせて観に行きました。
「人はパンのみにて生きるにあらず」と言いますが、
私にとって、大きな原動力になっている、大切なイベントです。

毎年、感動するんですよ。 緊張感や熱気みたいな測れないものが、
会場全体にあるんです。 それと、子供たちのキラキラした生命力が、
先入観でいっぱいの愚かな大人たちの予測みたいなものを、
サラリと裏切るんですよ。 爽快!

ところで、まったく違う話になりますが、
昨日、ふと思ったのです。 自分は「コンテスト」というもの自体が、
試合形式として好きのだろうな、と実感しました。 

試合形式として、格闘技は目の前に、対戦相手がいます。
球技もそうですよね。 でも、コンテストに近い戦い方として
フィギュアスケート、新体操、体操、シンクロナイズドスイミング
・・・・などのように、審査得点で決まるものがあります。

戦う相手が他の誰かというより、自分なのかもしれません。
弾きたい曲を選んで、その曲への思いを伝えたくて
一生懸命、楽器の練習をして集まるということです。

ここまでは「コンサート」も一緒ですが、
「コンテスト」は演奏を評価・審査され、結果を言い渡される
という、自己満足では無い客観性のある一種の「承認」があるのです。

何時か私自身が、あまりこの「承認」についての欲求が
無いという事を書いていたと思います。
でも、コンテストに参加することも、賞を意識して挑戦することも
この承認欲求を満たす行為と同じじゃないかとも言えますよね。

SNSが気にならない私が何故・・・・・・・・・・

これ、承認する人が誰かという事だ思うのです。
社会的な責任を担う誰かの評価だからです。
「信じられる評価」だという事、それに尽きます。

近頃の「ネット炎上」とか、バッシングであるとか・・・
それは大きなところ、小さなところで日常起こっていることです。
そこに、もし傷ついている人が居たら、思い出して下さい。

忠告を無視して、開き直れというアドバイスではありませんよ。
耳を傾けるべき金言は混在しているのかもしれません。
でも、あなたを傷つけるSNSの発信者は、あなたが
傷つくに値する人からのものですか?
面識も無い、無責任で根拠も無い中傷なら、傷つかないで下さいね。

審査員はもっと、愛情を持って導いてくれる人たちです。


深刻な人手不足・・・・まさかウチにも影響が・・
本日、確定申告書を提出しました。
なんと・・・・・・初の黒字です。
儲かった感はありません。 勿論ですが、
日本経済の景気が良いみたいな空気も感じてません。

そして、また日本経済のひずみがひとつ。
「人手不足」・・・という問題です。
個人事業主は始めから人手不足なので、これ以上の
事が起きるなんて、想定外でした。

取引先の会社が、人手不足で一部業務から撤退する
とになりました。 
よりによって、私の製造の一部を手伝って頂いていた部署が
急に無くなることになり、今日、そこの社長から、ご連絡をいただきました。

作業量としては、私が一人で今のところは代われる程度です。 
しかし、これをしていると開発や営業とかには、
全く手が回らなくなります。 まずいです。

私はこの作業は、もう自分ではしないと決めていたものでした。
来月中に倉庫の引っ越しをしないと・・・・
大抵、倉庫は遠いんです。 見れる件数にも限りがあるので、
一か月の延期を社長に申し出るしかないですね。

ホントに困ってます。取り敢えず、置かせておいて下さい。
発送はコチラでするという事で、それなら延期してもらえそうかしら・・・
ウチだけでは無いと思うのですが、3月はみんな忙しいみたいです。

ピンチはチャンス!
いっそアセンブリ専門の会社とか作ったら、
仕事はありそう・・・・・ いや、私がしてはいけない。 

誰か~! 起業するならアセンブリに特化した会社良いですよ!
で、土地持ってる・・・・とか最高です。
?でも、人手不足なんですよね。 土地じゃダメだなんて・・・・・


問題は解決せず
新たなサービスはできないかな・・・・ということで
価格面でお得感を感じて頂けるセットを作って
販売しようと考えました。

しかしです。 既に販売して頂いている楽器店さんに
ご迷惑が掛からない方法にしなければ・・・・となると
商法上の問題も気になり、無料の法律相談に行ってきました。

ご専門がありそうだとは想像していたのですが、
「独占禁止法」を扱っていらっしゃる先生は、少ないのだそうです。
当然ながら、今日ご相談にのって下さった先生を
困らせただけに終わりました。

「独占禁止法」「弁護士」で検索したら
出てまいりました・・・・・・・先生方の顔写真とプロフィール
そして 「弁護士ドットコム」の中のコーナーが一つ出来てしまう内容でした。
「独占禁止法」の法律相談
他に、メールで無料相談を受け付けてもらえるところもありましたよ。

餅は餅屋なんですね。 更に、あんこ餅はあんこ餅屋にくらいに
絞らないとダメだということらしいです。
総合病院の受付で、どの科ににかかった良いのかから
相談乗ってj欲しい時ってありますよね。
そういう相談先を見つけてくれるところもありました。

(余談ですが、こういうネットのプラットフォームこそが
本当は、今の時代に合った、「お商売」なのですよね。
私・・・何やっているんだろう・・・って思います)

価格を下げるための相談をするのに
相談料がかかるとして・・・・・・
そこまでして下げるべきか迷う訳です・・・・・・
それもウチごときの小物でですよ。 要るかな相談?

同じような事例の検索から、回答まで出してくれたら嬉しいな。
AI得意そうな仕事では?
いや、それではいけないんですよね。
弁護士に相談できる企業にならなければと思いなおしました。

昨日からのお仕事、勉強のみで前進無し。
効率の悪さの反省会を、今夜飲みながらしますか。
あ”--!
メーカーができるサービスを考える。
昨日は秋葉原のUDXで開催されたされたイベントで
登壇しました。「教育」がテーマだったので、
昨今の「楽器離れを食い止める策」について話しました。
他の皆さんのお話も面白くて、とても為になりました。

学校を通して子ども達に届けたい事が、
まだまだ沢山あると感じました。
「日本はもはや先進国ではない」という言葉に驚きました。
そして、・・・・・昨今の保護者事情についても、
現役PTA参加者から教えていただきました。

dim.dim.の子供向け製品で、もう少し追加出来る事は
ないかしら・・・という訳で、
今日は、早速自社製品のサービスを見直す事にしました。

明日は、弁護士の方にも相談を予約しています。
法的なところもきちんとクリアできなければいけませんね。
販売・・・・・商法、今ひとつ解っていない私なのです。
びくびくしながらでは、何事もうまくいきません。
ちゃんと自信を持って販売したいですね。



 
「ボヘミアン・ラプソディ」観てきました。
やっと観てきました。
クイーンの音楽はいつ聴いても新鮮です。
やっぱり良いな・・・・、その音楽の芸術性の底辺に
当時の時代背景では理解されにくい何かが
在ったわけですが・・・・
私も当時あえて口にしなかった事でもありました。

ビートルズやツェッペリンを好きだと言うのとは
違うハードルありましたよね。(笑)
全身タイツだったり、常に上半身はだかに近かったり
するわけなので・・・・・ 

映画では、人間フレディが華やかで自信に満ちた若者らしい
大胆さと、それとは裏腹に彼自身の孤独や葛藤が、
周囲の人々の関係の中で描かれている、前評判通りの
良い作品でした。

後半のライブのシーンで、みんな泣くとか聞いていたので、
絶対に泣くもんかと思っていたのに、やっぱり泣きました。
独りで観に行って正解。

・・・・・・そうだ!

80年代昔、バンドと言えば、レコードが売れて何ぼでした。
他にお店のステージなんかでバンドマンとしての収入を得るとか
当時、お給料制だったり、チケット制とかそんな話しを聞きました。
そうそう、忘れてはいけない、スタジオミュージシャン。

今、どうなんでしょう? 
ダウンロードし放題とか聞くとどうやって、食べているんだろう・・・
好きなことをして食べていけるなんて、ほんの一握りの世の中、
この仕組みを活用すれば、好きなことでで食べる道は
以外と多いのではないかしら?

あ!この仕組みをハードと組み合わせて・・・・
これで今週の日曜発表しよっと。