特許開発から起業、迷ったり悩んだり・・・・でも走っていれば何処かに着くはず。
そっとしておいて (アップデートしないで!)
より良くするための行為である「アップデート」
ところが、最近の私のパソコンには害でしかありません。
ここ最近のadobeとwindowsのアップデートのお蔭で、
ひと月のうち4日もパソコンのリカバリーに
かかりきりになってしまいました。

調子を悪くしているらしいファイルを、探して削除したりとか
置き換えたりとかそんなことばかり、再起動するのに
1時間近くかかったり・・ああ・・・時は金なり・・・・

現在「windows7」であることも宜しくないのでしょうね。
windows10にしておかないと、会社的にもセキュリティー上
まずいとは思います。
ああ・・・・買い替えの時期ですかね。

しかしですね・・・・・いろいろやっているうちに、またちゃんと
動き始めているんです、VAIOが・・・・
8,500円のディスク交換だけで2年延命してくれたんですよ。

可愛い・・・本当にかわいい。 

過去のブログで
「ディスクのクローンを作りました。」2017/03/17(金)
に書きましたが、前はVersaProの姿でした。
姿かたちは変わっても、脳みそはずっと同じ私の相棒なのです。

子供のおさがりのパソコンに、東芝のディスクがあるうちにと、
32から64、1TBにスペックも上げて、ネットの情報を
参考にしながら自分でやってみました。

そしてまた、私の努力に応えてか、Adobeも立ち上がってくれて
使えそうな感じです。 でも、この忙しい時にアップデートに
おびえるのは辛いかな。


木製リコーダーの為のdim.dim.作りました。
「木製のリコーダーに使えますか」

dim.dim.発売当初から、多くのお客様にご質問を頂いていました。
ニーズがあることは解っていましたが、作る勇気はありませんでした。

やはり木製、少ない数を作るところからのスタートになり、
それなりに会社そのものの体力が求められるジャンルです。
失敗したら、今作っている物さえも提供できなくなってしまいます。

家族の理解のもとで、細々やっている会社ですからね。
銀行より厳しいんですよ、「売れるのそれ?」って聞かれました。
木製用に発注したホルダーが納品された時、
私の心境としては「あ~あ、作っちゃった」という不安と
これで売れないと人間不信になるかも・・・・でした(笑)

数日前の銀座のイベントで販売してみたのですが、
予想を裏切る売れ行きでした。 
一人でフルサイズと、更にご友人の方へのプレゼントに
購入して頂いた方までいらっしゃいました。

木製用dim.dim.のホルダーを触っていただくと、
従来の物との差に、しっかり驚いて下さいます。
柔らかく、滑らかで軽いのです。
かと言って、操作に不安を感じる柔らかさではありません。 
メイプル、梨みたいな柔らかい材質でも大丈夫です。

効果・・・・従来のものをご使用の方には、微調整がとても
必要な物であることをご存知だと思うのですが、
そこが更にしやすくなった感じです。
ですから、拘る方にはもちろん、プラ管でもご使用OKです。 

でも、これだけ喜んで頂けるのなら、
作った甲斐もあります。

只、ひとつご注意が・・・・・従来のプラスチック製とは違って、
洗濯機に入れるのはNGです。 汚れが気になる時は、
やさしく中性洗剤で手洗いして下さいね。 
ホルダー部分はエラストマー樹脂なので、
、直射日光、高温、油がが苦手です。 
濡れたタオルで拭くくらいで充分ですよ。

テーマ:ものづくり - ジャンル:ビジネス

新カテゴリ お気楽な日報「日々のお仕事」始めす。
新、カテゴリーです。
「日々のお仕事」とは、つまり「楽ちんな日報」という事です。
構えず、淡々と書きたかっただけす。

何か疲れたんですよねSNS・・・・・・・
言うほどしてないんですが(笑)
なんか、色々気を使いすぎて、特に注目されそうなことは
書けなくなってしまいました。

他の人のものを見ながら、
お客さんの写っている写真は、こんな風にあげればいいんだ
とか思うんですが、何しろ自分が写るの嫌なので
勝手に上げられたら嫌だろうな・・・・とか思うと
アクション起せません。 

別に炎上した事があるのかと言われれば、
そんな事も過去にあったわけではありません。
私のような人は少なくないと思います。

そういう人は、最初からfacebookやtwitterに登録しないのだと
思いますが、連絡手段としてはとても便利なので、
私、登録してしまいました。 ほんと、助かってます。
素晴らしい!!

最近、女性起業家の中でも製造している人限定で、
小さな集まりがありました。 
製造業あるあるで盛り上がりました。

皆さん、活動的で、facebookも、サクッとあげて、
マスコミ出演にも積極的、商品と自分をきちんと発信しています。
何より、笑顔で自信に満ちていて、でも人を嫌にさせずに
スマートに今に馴染んていらっしゃるのです。
・・・・・ステキ 

益々、気後れしてしまう私です。
マツコさんの番組に映ってしまい、娘に文字お越しを
してもらっていて、未だ映像も観てないなんて、言えないぞ。
確かに反響あったし、売れた。 マツコさんスゴイ。

そこで仲間からのアドバイス、

仕事しているんだら「輪郭を作る」という事の必要性
あるんじゃないの。 お店があるとか、作っているとか、
「あの会社ね」って言うときのいくつかの当たり前のこと・・・・
あった方が良くない? 

そして・・・・・・
「大丈夫、みんなイチイチ覚えていないって」という言葉です。
なるほど、そうだな・・・・

ふうっ、気負い過ぎてたな・・・・意識しすぎたわ、と反省。
そう、「輪郭」ね。なるほど・・・・

その日の集合写真で、顔を載せました。
今までと全く別な気持でね。 
「ガンバレ」ではなくて・・・・「気負うな私!」
新年早々の反省
「年頭所感」とか書かないうちに、「節分」とか「恵方巻き」とか
そんな言葉がニュースで流れてきて、はっとした私です。

先週はAmazonへの納品トラブルで、dim.dim.standardの
アルトの全色が、在庫ゼロという事態になってしまいました。

年末年始、そんなに売れたことが無かったので、製造数も
少な目に見積もっていました。 
新製品の試作もしているので、それも製造ラインに入れば
当然何かを減らさないといけません。 
ギリギリの回転で行けそうかなと思っていたら、トラブルが
たまたま重なって発生して、在庫ゼロ事態になった訳です。
すみませんでした。

たるんでいるぞ私!
まだまだだな私・・・・・・
私が学校の授業に 「音楽」が必要と思う理由
はじめに

学校の教科に音楽があることに疑問を持っている方、多いんじゃないでしょうか。
朝礼で歌うくらいで良いんじゃないの・・・・確かに・・・・
音楽って、生きて行くのに要る? そう思う方もいらっしゃるでしょう。 
ですので、これは私が「必要」という思いに至った流れですが、一緒に考えて頂けたら嬉しいです。

自由7科 

【自由七科(読み)じゆうしちか(英語表記)artes liberales; liberal arts】ってブリタニカにあります。
「リベラル・アーツ」(liberal arts)って言葉、耳にされたことはありませんか?
「人を自由にする学問」という事なのですが、古代ギリシアの,肉体労働から解放された自由人にふさわしい教養をというところが元になります。
マルクス・トゥッリウス・キケロっていう【Marcus Tullius Cicero】(前106~前43) 古代ローマの政治家・雄弁家・哲学者。博学で多才で、その上、雄弁な有名人である彼が、「自由学科」として、7つの科目に限定してこう呼んだのが始まりだそうです。 
7科目は文法・修辞学・弁証法の3学と算術・幾何学・天文学・音楽の4科からなります。 時代の中で、同じ科目でありながらとらえ方が変わってきたようですが、中世の西欧において、必須の教養科目として学ばれてきました。

六芸

西欧の「自由7科」に対し、中国の六芸(りくげい)「礼、楽、射、御、書、数」というのがありあます。 孔子が論語の中で「子曰く、道に志し、徳に拠り、仁に依り、芸に遊ぶ。」の「芸」は、この「六芸」の事です。 

「礼」は礼儀正しいこと、「楽」は音楽のこと、「射」は弓を射ること、「御」は馬を御すること、「書」は文学、書のこと、「数」は算術を言います。 
特に音楽は楽奏、詩歌、舞踏が含まれます。 

共通する「音楽」

「自由7科」と「六芸」、どちらも身分のある人が教養としてたしなむものとして「音楽」と「数学」を挙げています。
「音楽」は、西洋、東洋、古代、現代と時代も問わずにあって、「詩歌・舞踏・楽器演奏」と範囲が広く実技についても、形式の違いや変化はありますが、共通して音楽の一部とされてきたことです。  

更に興味深いのは、「音楽」という科目が学問としても論理的であるという点です。 西洋では数学者ピュタゴラスが、音程が単純な周波数比で成り立っていることを発見して、後世のプラトンや哲学者や天文学者などにも影響を与えました。 自然の創造物や現象を数学的に考察するというものです。 この時代の音楽とは、調和(ハルモニア)の理論であり、調律によって音が協和するように、肉体と精神を調和させることが人間形成において必要だとしています。 この考えが歴史的にある国、地域では「音楽療法」についても医療として現代において受け入れられているのでしょう。 日本でそうならないのは、こうした歴史的な背景が理由かもしれません。 
学校の授業で「肉体と精神を調和」・・・・他の教科には無いメリットです。 体育もそうなのでしょう。

話は教育に戻りますが、こうした歴史から、教育に「音楽」があることは、とても自然なことだと思うのです。 時代に合った形で、過去そうあったように残していくものではないでしょうか。 この西洋、東洋、問わずにある「数学」と「音楽」はコミュニケーション・ツールとしてもきっと活用しやすいはずです。

楽器演奏は、脳の発達に関係がありそう

「楽器を演奏することで思考能力が高まったり、老化を遅らせたり認知症を予防したりできることが最近の脳科学の研究で明らかになっています。 fMRI (functional magnetic resonance imaging) という技術によって、脳への血流動態反応をリアルタイムで観察できるようになりました。 それによれば 楽器演奏時の脳は、脳が全身運動している状態のように活動し、Visual(視覚)・Auditory(聴覚)・Motor(筋肉運動)に関する脳領域が特に活発になることが分かっています。 特に情報伝達が活発にすることによって右脳と左脳をつなぐ脳梁が鍛えられて、双方の役割をスムーズに行えるようにするのだそうです。」
【出典】TED-Ed 楽器演奏は脳にどのような効果をもたらすかAnita Collins

ということは、右脳と左脳の役割として、論理的な思考を担当する左脳が行い、創作活動は右脳が行うとされていますが、「音楽」が数学的思考と芸術的直観と切り離せないものであるということから、この脳の活動は古代からの研究と合致していて、すっきりと納得が行く結果だと思いました。

そうであるなら、「楽器演奏」は子ども達にもっとしてもらいたいし、大人もした方が良さそうではありませんか!!!

「音楽」「楽器演奏」は既に遺伝子に・・・・

人類は何時から「音楽」「楽器演奏」を知ったのでしょう?
「確実に最古の笛と考えられているものはドイツ、ウルム近郊の洞窟から出てきた骨の笛で約36000年前のものであり、現生人類が使用したと考えられているそうです。」出典:ウィキペディア
こんなに昔から、人類は楽器を手にしていたのですから、もう楽器演奏、音楽は遺伝子のとても深いところで生き続けてきたということです。 

余談ですが、最近まで私は、漢字の「楽器」が「楽しい器(うつわ)」だからなのだと思っていたのですが、実は「楽しい」の「楽」は楽器を意味する象形文字が源であり、楽器を演奏する時の感情・状態から「たのしい」に「楽」を充てたことを知りました。
つまり、楽器を奏でる気持ちが「たのしい」を表現していたという事になるのですね。

楽器を演奏しなければ、人生の楽しさが解らないのかも・・・・となれば、「音楽」は必要な教科であると私は思った次第です。

参考情報

リベラルアーツ
自由7科
六芸:
:六芸
修辞学:
ピュタゴラス音律:
音楽と数学:
16・17世紀のイタリアにおける数学的音楽理論の展開―協和音とその知覚の問題を中心に―大愛 崇晴
古代音楽: